HitPaw Video Enhancer

  • ワンクリックでAI動画高画質
  • 低解像度動画の解決策、動画の解像度を最大8Kまで上げることが可能
  • 動画に最適なノイズリダクションを提供し、不鮮明さを解消する
  • アニメや人物の顔映像の完成度を高める専用設計のAIを搭載
hitpawのヘッダー

Googleフォト動画の画質を良くしてアップロード&共有する方法

思い出を動画に残すのは大切だと感じている人は多いですが、グーグルフォトのようなプラットフォームで動画を保存していると、画質が明らかに落ちたことに気付いたことはありませんか?この記事では、こういった画質低下が起こる理由に目を向けるとともに、動画が躍動感と鮮明さを失わないようにするための解決策を提示していきます。

その1:Google Photosとは?

Google Photosとは

google photosは写真や動画を保管するのに信頼を置かれているスペースですが、ただの保存プラットフォームではなく、思い出の数々を整理してくれるため検索や共有がしやすくなっています。スマートフィルターや編集ツールも兼ね備えていて、単なる保存場所を超えたメディア高画質化ツールとも言えます。また、大きな魅力の一つである安心のバックアップ機能により、思い出の写真や動画がどのデバイスからでもアクセス可能になるとともに、それらが消えてしまわないよう保護してくれます。

その2:Googleフォト動画の画質が落ちる原因は?

googleフォトが何よりも目指しているのは、大切な思い出を保存する場所をユーザーに提供することです。しかしながら、動画の画質が落ちてしまうケースがあるようです。

▶Googleフォトで動画の画質が落ちてしまうのはなぜ?

googleフォトには「高画質」と「元の画質」の2種類の保存方法があります。「高画質」は無料ながらも動画や写真を圧縮して容量に空きを作るので、画質がやや落ちることがあります。一方、「元の画質」では元々の画質が保たれますが、Google Driveストレージを消費します。

▶Googleフォトで画質が落ちた動画を修正するには?

動画の元の画質を保つにはgoogle photoの保存方法で「元の画質」を選択すると良いですが、「元の画質」を選ぶとストレージを多く消費するという点に注意が必要です。また、閲覧や共有の前にgoogleフォトでアップロードと処理が完了していることを確認することも大切です。というのも、アップロード直後に動画にアクセスすると、処理が未完了のために画質が落ちることがあるからです。

Googleフォト動画の画質を良くする方法

Googleフォトは思い出を保管し分類するのに効率的な方法ですが、動画の画質を保つには保存設定を意識することが重要です。画質の良さを優先したいなら、「元の画質」を選択してアップロードに時間をかけることで目に見える違いが生まれます。

その3:AIを使ってGoogleフォト動画の画質を取り戻すには?

googleフォトのようなプラットフォームは、数多くの写真や動画を保管できるので多くのユーザーにとって必需品になってきています。しかし、クラウド保存の利便性の反面、googleフォト上の動画の画質が落ちたり、Google Driveでの動画再生時の画質が悪かったりといった問題も報告されています。高性能カメラで知られるGoogleピクセル5のようなスマホでも、特定のクラウド保存法と組み合わさると動画画質の低下が起きることがあります。

Googleフォトは思い出を保存し整理することにおいてはシームレスな体験を提供してくれますが、採用している圧縮アルゴリズムが原因で、特に動画再生時は画質が低下してしまうこともあります。こういう時こそ HitPaw Video Enhancer のような高性能ツールが活躍します。

HitPaw Video Enhancerは動画の画質を高めたい時に絶好のツールです。インスタグラム等のプラットフォーム向けの動画を高画質化することにフォーカスして設計されており、動画を生まれ変わらせる最先端のAIアルゴリズムを搭載しているので、よりクリアで躍動感のある動画に仕上げてくれます。

注目の特徴
  • ✔動画高画質化: HitPaw Video Enhancer大注目の機能は最高8Kまで動画の解像度を上げる能力です。これにより、大画面に映し出しても動画はシャープで細かい姿が維持されます。
  • ✔高度なAI技術: 先進のAI技術を搭載しているので、動画の魅力を最大限に引き出しながら高画質化してくれます。
  • ✔抜群の使いやすさ: シンプルで無駄のないインターフェースなので、動画編集や高画質化が初めての人でも大丈夫です。操作は非常に単純で簡単です。
  • ✔ウォーターマークなし: 修正点を最終確定する前に、ウォーターマークなしで結果をプレビューできるので、どれほど生まれ変わったかをしっかり見ていただけます。
  • ✔新モデル続々: 最新版ではフレーム改変モデルや安定モデルといった新たなモデルが登場しています。こうしたモデルは高画質化能力がさらに高まっており、スムーズで安定した動画を生み出してくれます。
使い方は簡単4ステップ
  • ステップ1:HitPawの公式サイトに行ってダウンロードします。ダウンロードが終わったら、インストール手順に従ってください。

  • ステップ2:ソフトを起動したら「ファイルを選択」ボタンをクリックして高画質化したい動画をインポートします。

    hitpawでGoogleフォト動画の画質を良くする手順2
  • ステップ3:インポートが終わったら高画質化オプションが表示されるので、ここで解像度を上げたり、手ぶれを修正したり、フレーム改変モデルを選択したりできます。

    hitpawでGoogleフォト動画の画質を良くする手順3
  • ステップ4:編集が終わったら、保存する前に「プレビュー」ボタンから仕上がりを確認できます。仕上がりに満足したら、動画をエクスポートしてください。

    hitpawでGoogleフォト動画の画質を良くする手順4
▼AIでGoogleフォト動画の画質を良くする動画を見てみましょう

その4:よくあるご質問

Q1. Google Driveでは動画解像度が下がりますか?

A1. Google Driveとは動画共有もサポートしているファイル保存・共有サービスです。多くの人の思い込みに反して、Google Driveにアップロードされた動画は元の画質と解像度が保たれます。つまり、Google Driveに動画をアップロードすればそのままの動画解像度が維持されます。Google Driveはデータインテグリティを大切にしているプラットフォームなので、元の画質は保たれるということです。よって、Google Driveに高画質動画をアップロードしておけばその画質は保たれると安心して良いでしょう。

Q2. Google Driveで動画画質が落ちるのを止めるにはどうしたらよいですか?

A2. Google Driveを使用中やアップロード中に動画の画質が自動的に落ちることはありません。アップロードする際には、元の画質を選択するのが理想的で、信頼できるネットに接続しながら、再生オプションを確かめておくことも大切になってきます。

Q3. Google Driveは4K動画でも使えますか?

A3. はい、4K解像度の動画はGoogle Driveにアップロード・保存可能です。Google Driveにはアップロードできる動画の画質に制限はありません。ただ、4K対応のデバイスや画面を使っていない場合やネット接続が悪い場合には、スムーズに流れるように再生時の解像度が自動で修正されることがあります。ですが、4Kで保存された動画であれば、常に元の画質が保持されます。

結論

Google Photosのようなプラットフォームは非常に便利ですが、動画が低画質になってしまうことが気がかりな人も多いと思います。しかし、 HitPaw Video Enhancerなどのツールを手にすれば、そうした問題を解決してくれます。動画を高画質化したり、ぶれぶれの動画を安定させたり、もしくは全体的なクオリティーを高めたりする場合にも、HitPawは見事としか言いようのない結果を叩き出してくれるはずです。画質に妥協するのはもう勘弁だという方は、HitPaw Video Enhancerを試してみて違いを体感してください。

「評価」をお選びください:

編集長 松井祐介
コメントを書く

製品また記事に関するコメントを書きましょう。

おすすめ製品

HitPaw watermark remover

HitPaw Watermark Remover

AIパワーで動画・画像からウォーターマークをワンクリックで消す。

HiPaw Photo Enhancer

HiPaw Photo Enhancer

品質を損なわず画像の高画質化。

download
インストールはこちら