2021動画編集未経験からプロになるコツ スキルアップ

Yusuke Matsui
Updated on 2021-10-20
-
-

近年、個人でも簡単に動画を制作できる時代となりました。それにともない動画編集に必要な機材やフリーソフトも充実してきましたね。今や、動画編集は未経験でも簡単に始められる職業のひとつです。この記事では、動画編集の未経験からプロになるコツについて、知っておくべき専門用語、動画編集のやり方と注意点をわかりやすくお伝えしています。動画編集をバイトや副業にしようとしている人でも、プロを目指すなら必見ですよ。

動画編集の専門用語

動画編集では、専門用語が使われます。初心者向けに、知っておくべき専門用語をいくつかご紹介していきます。

  
専門用語 意味
アスペクト比 画像や映像の縦と横の比率
フレーム 動画内の1コマのこと、静止画像
フレームレート 動画内1秒間で何枚の静止画が使われているか表す単位、単位はfpsと書かれる
アーカイブ 動画の素材をハードディスクドライブなどの記録メディアに保存すること
フェードイン 少しずつ動画や音声などを増やしていくこと
フェードアウト 少しずつ動画や音声などを減らしていくこと
カット 映像内のいらない部分を削除(カット)すること、または動画のある場面を指すこと
マッチカット 状況が全く異なる場面同士を、何らかの共通項をもとに繋げる手法。マッチカットを使うと、躍動感が出る
スマッシュカット あるカットから不意に次のカットへと切り替える手法。スマッシュカットを使うと、切り替えたカットの印象が強く残る
マーカー 素材に目印を付ける機能のこと
エフェクト 動画に追加する特殊効果のこと。素材サイトから入手、または動画編集ソフトを使用してエフェクトを入れる
効果音 演出を付けるために使われる音声素材のこと

動画編集のスキルアップ

動画編集 仕事

動画編集のコツ

動画編集のコツは、動画編集でよく使われるカットを上手に取り入れることです。しかし、カット編集したら動画が不自然になってしまったなんてことも。カット編集をして自然な動画を作るテクニックを2つご説明します。

  • 1つ目は、音声がほぼ入っていないところでカットすることです。カットすると映像だけではなく、音声も途切れるため音声の有無が重要です。
  • 2つ目は、カットを動画全体に多めに挟むようにします。そうすることで、テンポが良く自然な動画に仕上がります。

使用する動画編集ソフトですが、HitPaw Toolkitは未経験向けで入門にもちょうどいいですよ。ドラッグ&ドロップで簡単にカットできるので、どの場面でカットするか考えることに集中できます。

動画編集 仕事

動画編集中の注意点

  • 動画の目的を忘れない
  • 動画編集の仕事で一番注意すべきことは「動画の目的を忘れない」ことです。商品をアピールする目的の動画を制作しているのに、仕上がった動画を見てみたら「商品に注目がいかない」となると動画編集の意味がありません。常に動画の目的を捉えた動画編集を心がけましょう。
  • 投資を惜しまない
  • 例えば、動画編集ソフトには無料で試せるが機能制限などがあるfreeソフトと制限無く使えて豊富な機能を揃えている有料ソフトがあります。編集中に、「エフェクトを追加したいけど、使用しているfreeソフトの機能制限で追加できない。」なんてことになれば満足のいく動画は作れません。動画編集ソフトに限らず、投資を惜しまずに制作したい動画を作り続けましょう。

動画編集の未経験からプロになるためのコツをいろいろ紹介しましたが、やはりテクニックを身に着けること、つまり勉強を続けていくことが大事です。Youtubeで公開されている、素人向けに作られた動画編集の入門ビデオなどを活用して、動画編集のテクニックを磨いていきましょう。また動画編集ソフトHitPaw Toolkitは、操作が簡単なだけではなく編集に必要な機能が全て付いているので、プロになってからも満足のいく動画を作り続けることができます。

  • 議論に参加して、あなたの声を聞かせてください。

    コメントを書く

    HitPaw記事のレビューを作成します。

興味があるかもしれません

2021-10-20 02:38:33

youtuberになるには?初心者向けのオリジナル動画の作成方法をご解説

より詳しく見る
2021-10-20 02:30:51

動画編集を仕事にするメリットをもとに始める方法まで解説

より詳しく見る

HitPawを使う準備ができましたか?

すべてのユーザーのための最高の動画編集の選択は、あなたの創造的な物語を得るために、わずか3ステップです。

この記事では、動画編集の未経験からプロになるコツについて、知っておくべき専門用語、動画編集のやり方と注意点をわかりやすくお伝えしています。