HitPaw Photo Enhancer banner picture

HitPaw Video Enhancer

  • · プログラムされたAIを搭載し、ワンクリックで動画をアップスケーリング
  • · 低解像度のビデオのソリューション、ビデオ解像度を最大8Kまで上げることが可能
  • · 最高のノイズリダクションでビデオから不明瞭さを除去
  • ·アニメや映像中の人物の顔を完璧なものにするために特別に設計されたAI
ホームページ > Video Tips > YouTube最初の投稿を4K動画にしてみました

YouTube最初の投稿を4K動画にしてみました

Yusuke Matsui

Posted 2022-10-21

#youtube 最初 の 動画
#me at the zoo

ネットワークや通信機器の発展に伴い、テレビやネットで放送されている動画の品質が劇的に向上していますね!今では、スマホやカメラでも驚くほどキレイな4K動画を撮影できるようになりました。そして最新技術を使えば、過去に撮影した動画も4K画質にアップグレードできるんです!この記事では、YouTube最古の投稿を4K動画にする手順を紹介しながら、便利なアプリケーションや元動画と4K動画の比較、また、そもそも4K画質とは何なのか?についても解説をしていきますので、ぜひ最後までご覧くださいね!

YouTubeで最初に投稿された動画は?

15年前にYouTubeに最初に投稿された動画は、ユーチューブ創業者のジョード・カリム氏が投稿した「Me at the zoo(動物園にて)」というタイトルの18秒の動画です。この初投稿となる動画ではカリム氏本人が登場し、カメラに向かって「ゾウの前にいる」、「ゾウの鼻ってカッコいいよな」などと語り掛けています。チャンネル登録や高評価を求める表示もなく、非常にシンプルですね。それでもこの動画は2億回以上も再生されているんですよ。

enhance video

YouTube最初の投稿を4K動画にしてみたら、その結果は?

ここからは、先程紹介したカリム氏の動物園の動画を4K画質にしてみましょう!オリジナルのカリム氏の動画は15年前ということもあり、決して画質が良いとは言えませんよね?そこでHitPaw Video Enhancerという動画高画質化アプリケーションの出番です。HitPaw Video Enhancerを使えば動画の画質を簡単に向上させることができるんです。アニメやポートレートなど4種類のAIモードを選択するだけなので操作も簡単です。それでは早速、実践してみましょう!その前に、下のリンクをクリックして、HitPaw Video Enhancerを無料でダウンロードしてください。

YouTube最初の投稿を4K動画にする方法

手順1 HitPaw Video Enhancerを起動します。起動すると下記画面が表示されるので、画面左側の点線で囲まれた領域に変換したい動画をドラッグ&ドロップしましょう。「ファイル選択」ボタンをクリックして直接ファイルを指定することも可能です。

video enhancer

手順2 選択した動画が読み込まれたら、変換に使用したいAIモデルを4つの中から選択します。それぞれの特徴は下記の通りです。

注:

  • ジェネラルデノイズモデル:ノイズを低減して画質をクリアにするモデル
  • アニメ専用モデル:アニメや漫画を高画質に修復することに特化したAI高画質化モデル
  • ポートレート専用モデル:顔の特徴から人物映像を鮮明に修復することに特化したAIモデル
  • カラー化モデル:白黒動画に色付けする専用AIモード

手順3 お好きなAIモデルを選択します。ここで、ポートレート専用モデルを選択します。画面右側の「エクスポート設定」より、動画の解像度とフォーマットを選択します。デフォルト設定は4KのMP4形式なので、特に必要がなければ変更は不要です

video enhancer

手順4 「効果のプレビュー」をクリックして、確認しましょう。

video enhancer

手順5 エクスポート:画面右下の「エクスポート」をクリックして動画高画質化を開始しましょう。

元の動画と4K動画の比較

それでは、HitPaw Video Enhancerを使用して、カリム氏の動物園の動画を4K画質に変換してみましたので、オリジナルの動画と比較をしてみましょう!

video enhancer

4K画質が優れている点

如何でしょうか?オリジナルと比較して4Kの動画では、画面全体がくっきりとしており、肉眼で見ても明らかに画質が向上していることが分かりますね。カリム氏の表情がはっきりと見て取れますし、背景の象や柵も全くぼやけていません。

AIの欠点

一方、HitPaw Video EnhancerのAIモードの欠点として、変換対象の動画に対し適切なモードを選択しないと、画質が向上しなかったり、映像が不自然に変換されてしまうという点が挙げられます。下記はカリム氏の動画を「アニメ専用AIモデル」で変換した場合です。変換後の動画は全体的に不自然に見えますよね?

まとめ

如何でしたでしょうか。この記事ではYouTubeに投稿された一番最初の動画を使って、4K画質に変換する方法をご紹介いたしました。4K画質への変換の仕方や、4K画質になるとどのくらいキレイに見えるのかなど、4K画質の素晴らしさがお分かりいただけたかと思います。特にHitPaw Video Enhancerを活用すれば、誰でもお手軽に動画を変換することができますので、この機会にぜひお試しください!HitPaw Video Enhancerで過去の思い出の動画を4K画質で蘇らせましょう!また、動画高画質化について、興味のある方はぜひ、【必見】動画高画質化ツール:AIビデオエンハンサー5選記事も参考してください。

FAQ:動画画質についてよくある質問

質問1:4k画質とは?

そもそも4Kとは、簡単に言えば画面の解像度(=映像の細かさのこと)を指します。 解像度が低いと、映像もぼやけてしまいます。しかし、4Kの様に解像度が高いと映像を非常に細かく描画できるので、本物をより詳細に表現できるリアリティの高い映像となります。

質問2:4KとHD、どっちが画質いい?

4KとHDでは4Kの方が画質は良くなります。先程の解像度で説明すると、4Kは「3840x2160」、HDは「1280x720」です。この数字が映像の縦横の細かさを表します。4KはHDの3倍の数値になっていますね。つまり4KはHDよりも3倍も映像が細やかに表示できるんです。

オススメ商品

HiPaw Photo Enhancer

HiPaw Photo Enhancer

品質を損なわず画像のサイズを拡大します。

HitPaw Video Converter

HitPaw Video Converter

動画/オーディオを高品質で任意の形式に変換します

お見逃しなく!

download
インストールはこちら