HitPaw Photo AI

  • WindowsとMacで利用可能な最高のAI画像高画質化ツール
  • ワンクリックで画質・解像度の自動補正が可能
  • 写真のボケを抑え、ノイズを除去する
  • 画質を全く落とさずに拡大・縮小する
hitpawのヘッダー

AIによる4Kアップスケーリングこそ画質を良くする究極の手段だ!

好きな映画を見ている時も、シリーズ最新話をストリーミングで見ている時も、普通に写真を見ている時でさえも、画質がクリアでくっきりしていると映像体験の質も上がりますよね。技術が発展するにつれ、より良い画質を追い求めた結果AIによる4Kアップスケーリングが誕生しました。このガイドでは、4Kアップスケーリングの素晴らしさを探りつつ、4Kアップスケーリングが画像高画質化の世界をいかに変えてきているかについて見ていきます。

その1:AIはどうやって画像を4Kにアップスケーリングするのか?

画像アップスケーリングとは、リサンプリングとも呼ばれ、デジタル画像を拡大するプロセスのことを指します。ディスプレイ技術の発展と解像度の向上に伴い、高解像度コンテンツの需要が高まりを見せています。大好きな古い映画やテレビ番組を思い出してください。そうした映像の録画は、今日我々が目にするような高解像度のフォーマットではないことに気づくと思います。アップスケーリングをせずにこうした古い傑作を現代の画面に映すと、カクカクしてしまってきれいに表示されないと思います。アップスケーリングは、コンテンツが生まれた時代に関係なく、どのデバイスでもより良い映像体験を提供できるようにしてくれる存在です。

画像アップ スケーリング

従来のアップスケーリング方法とは異なり、AIを活用したアップスケーリングはただ単に画素を引き伸ばすわけではなく、ディープラーニングと膨大なデータベースをもとに高画質化された画像の見え方を予測しているのです。このAIは何百万という数の写真を学習しているので、低解像度の画像を与えられても、よく見えていない箇所を高精度で補うことができます。

4Kというのは、典型的には3840×2160ですが、横が約4000ピクセルの解像度のことを指します。したがって、AIによる4Kアップスケーリングとは、解像度の低い画像や動画を4Kにまで高めることを意味します。気になる仕上がりは、もともと4Kで撮影されたコンテンツとは見た目に違いが表れるほどで、シャープさ、鮮明度合いや深みに磨きがかかるため、新たな命を吹き込まれた古い作品は画面で輝いて見えるようになります。

その2:AIによる4Kアップスケーリングソフト6選(デスクトップ、オンライン、アプリ、オープンソース)

おすすめのAI 4Kアップスケーリングソフトを一覧にしました。

1.HitPaw Photo AI

HitPaw Photo AI はAIを搭載した一流の写真高画質化ツールで、WindowsとMacどちらも対応しています。画像のクオリティーと解像度を自動的に高めるよう設計されていて、ぼやけた画像の修正にぴったりなツールです。AIによる4Kアップスケーリング力を発揮して、画質を落とすことなく写真を拡大・アップスケーリングしてくれます。現実世界のシーンも、ノイズ除去も、顔の特徴を際立たせたい時も、モノクロ写真をカラー化したい時も、すべてHitpawに任せてください。

特徴
  • 6つのAIモデル:ジェネラルデノイズ、顔専用、アニメ専用、カラー化、色彩強化、フレーム改変モデルがあります。
  • 画質を落とさずに画像を拡大
  • 4K/8Kにアップスケーリング
  • ピンボケを修正、古い画像を修復
  • 一括処理機能あり
  • 複数モデルを処理して高画質化可能
  • 写真サイズを自由に変更できる
  • 写真のEXIF情報は残すことも消すこともできる
使い方のステップ
  • ステップ1:公式サイトからダウンロード後、インストールします。

  • ステップ2:「ファイルを選択」をクリックして高画質化したい写真をアップロードするか、直接ドラッグ&ドロップします。

    アップスケーリングしたい画像をhitpawに追加
  • ステップ3:画像の種類に応じて適切なAIモデルを選択します。

    hitpawのAIモデルを選択
  • ステップ4:「プレビュー」をクリックして出来上がった写真を確認します。

    AIアップスケーリングの効果をプレビュー
  • ステップ5:満足したら、「エクスポート」をクリックして出来上がった写真を保存しましょう。

価格:全ての機能を使える無料版が入手可能です。プレミアム版もあります。

2. Icons8 Smart Upscaler

Icons8 Smart Upscalerは画質を落とさずに画像の解像度を自動で上げるよう設計されたAI活用のツールです。AI 4Kアップスケーリングモデルは500万枚の画像を学習しており、今後も新たな画像を学習し続けます。

特徴
  • AIを活用した画像アップスケーリング
  • 最大5MBのJPG、PNG、WebPフォーマットをサポート
  • 最大7680×7680ピクセルまでアップスケーリング可能
  • インテグレーション、シャープニング、ノイズ除去、アップスケーリングのためのAPIアクセスを提供
  • Web版より速くて使いやすいMac用のGoProdアプリあり
  • アップロードされた画像を安全に保存してくれるので、便利かつ再ダウンロードも可能

価格
プリペイドパッケージ:画像50枚で10ドルから(いつでも利用可)
制限サブスク:1か月あたり画像100枚で9ドル(ロールオーバークレジット)
無制限サブスク:1か月99ドルで画像枚数が無制限

3. Adobe Firefly

4kアップ スケーリングソフト-Adobe Firefly

Adobe FireflyはAdobeが開発した生成AI活用のコンテンツ作成ツールで、4Kアップスケーリングにも使えます。文章で指示したことを美しい画像、動画、ベクター、3Dコンテンツにまで生まれ変わらせるよう設計されています。Fireflyは100以上の言語を理解する能力を備えているので、細かい文章の説明をもとに画像を生み出したり、文字にスタイルやテクスチャーを加えたり、ベクターアート用に様々な色を生み出したりもできます。また、このツールの機能は画像生成に限られているわけではなく、ユーザーが色を塗ったり不要な物を取り除いたりできる生成塗りつぶし機能や、ベクターデザイン用に様々な色を出してくれる生成再配色機能もあります。

特徴
  • 詳しい説明をもとに文章から画像を生成
  • コンテンツの追加、拡張、取り消しも可能
  • 文字にスタイルやテクスチャーを適用
  • 文章の指示に応じてベクターを再配色
  • 3D要素の置く場所をもとに画像生成
  • ワンクリックで画像の縦横比を変更
  • 他のAdobeアプリと併用でシームレスにコンテンツ作成できる

価格
プリペイドパッケージ:画像50枚で10ドルから
制限サブスク:1か月あたり100枚で9ドル
無制限サブスク:1か月あたり99ドルで画像枚数が無制限

4. Waifu2x

aiアップ スケーリング無料ソフト-waifu2x

Waifu2xは画質を落とすことなく画像を拡大するよう設計された、オンラインで使える画像アップスケーリングツールです。4Kにアップスケーリングしてくれるこのツールは、ノイズ除去も提供しておりアップスケール後の画像が鮮明に映るようにしてくれます。「Waifu」という言葉はマンガやアニメ、テレビゲームに由来していて、ロマンチックでユニークな特徴を持つ架空の女性キャラクターを指しています。Waifu2xはその名の通りこのコンセプトに基づいて作られていますが、画像処理と人工知能にかけては実用的なツールと言えます。

特徴
  • 年代問わず誰でも使いやすいインターフェース
  • 画像サイズを2倍にできる機能付きの瞬間アップスケーリング
  • 「なし」から「高い」まで選べるノイズ除去機能
  • (Waifu10x) 元の画像の10倍の大きさにアップスケール可能
  • 画像のアップロード、オプションの選択、高画質化がたった数分で

価格無料

5. Cre8tiveAI

AIアップ スケーリングソフト-cre8tiveai

Cre8tiveAI Photo Refinerは、世界で最も精密な高解像度に仕上げることを保証しているツールの1つで、高度なAIを搭載したアップスケーリングツールです。画像をアップロードするだけで、解像度の低い画像を縦横どちらも4倍まで解像度を高めてくれます。この4Kアップスケーリングソフトは、高画質化とデノイズ向けに設計された目新しいアルゴリズムが自慢で、これにより世界レベルで見ても一流の画像高画質化ソフトとなっています。

特徴
  • 国際的レベルの高解像度システム
  • 縦横両方4倍までアップスケール可能
  • エッジデバイスに高画質化AIを導入
  • 高速アップスケーリングにより使い心地向上
  • 良質な印刷、動画画質の向上、プロジェクターで映し出された画像の高画質化、防犯カメラの感知能力向上など、様々な場面で力を発揮

価格300ドル

6. Deep Image AI

画像アップ スケーリングソフト-Deep Image AI

Deep Image AIはAI搭載の革命的な画像高画質化ツールで、画質を落とすことなく画像をアップスケーリングするよう設計されています。幅広い機能を使って、画像サイズを上げたり、物体を取り除いたり、色や照明を修正したり、背景を削除することもできます。ニューラルネットワークを活用したこの高画質化ソフトを使えば画像を5倍の大きさまでアップスケールできるため、デジタルアートやEコマースから不動産に至るまで、多岐に渡って使用できるツールとなっています。

特徴
  • AI搭載で5倍まで画像をアップスケーリング
  • ノイズ除去とシャープニング機能
  • 照明と色の修正
  • 背景の削除機能
  • デジタルアート、不動産、Eコマース、印刷に特化した機能つき
  • 人気のEコマースサイトやソフトと統合
  • ワークフローにスムーズに統合できるようAPIアクセスあり

価格
無料版あり
有料版は月7.5ドルから

その3:よくあるご質問

Q1. 4Kアップスケーリングは効果ありますか?

A1. はい、もちろん元から4Kのコンテンツが最もきれいに映し出されますが、4Kアップスケーリングは低解像度のコンテンツの画質を上げてくれます。仕上がった画像は4Kディスプレイにもスムーズに映るので、アップスケーリング前の元々のコンテンツを見るよりは圧倒的に良い視覚体験を提供できます。

Q2. アップスケーリングのデメリットは何ですか?

A2. 主なデメリットとして、特に元のコンテンツが低品質の時、視覚ノイズが紛れ込んでしまうことがあります。また、AIをはじめとする高度なアップスケーリング方法はものすごい力を発揮してくれる一方、本質的には加えるべき細部を「予測」しているので、実際の細部とは異なることがあります。元の画像や動画にはじめから存在しない細部はアップスケーリングを通しても追加できないことを理解しておきましょう。

Q3. 4Kでレンダリングするより、4Kにアップスケーリングする方が良いのでしょうか?

A3. どの状況を指しているかによります。コンテンツが4Kで作成もしくは撮影された4Kレンダリングであれば、本物の現実世界を隅々まで捉えることができるので、常に一番良いクオリティーに仕上がります。一方、アップスケーリングというのは、低解像度のコンテンツが現代の画面にきれいに映るようにするために行う高画質化の手段です。AI技術を備えた4Kアップスケーリングはとりわけ見事に仕上げてくれますが、それでも元から4Kのコンテンツが持つ本物の鮮明さと深みにはかないません。

結論

4Kアップスケーリングは間違いなくゲームチェンジャーです。アップスケーリングを使えば古いコンテンツを新たな光の下で楽しむことができるようになるという意味では、古典作品を追体験したいと思っている映画ファンにも、自分の持っている写真に躍動感を与えたいと思っている人にもおすすめです。しかし、覚えておきたいのは、元のクオリティーが最終形にも大きな影響を及ぼすという点です。このことを踏まえて、4KアップスケーリングAIを試してみてはいかがですか? HitPaw Photo AIを使ってみて、自分の目で高画質化の魔法を体感しましょう!

➬関連記事:4Kアップスケーリング 究極のガイド

「評価」をお選びください:

編集長 松井祐介
コメントを書く

製品また記事に関するコメントを書きましょう。

おすすめ製品

HitPaw watermark remover

HitPaw Watermark Remover

AIパワーで動画・画像からウォーターマークをワンクリックで消す。

HiPaw Photo Enhancer

HiPaw Photo Enhancer

品質を損なわず画像の高画質化。

download
インストールはこちら