HitPaw Video Enhancer

  • ワンクリックでAI動画高画質
  • 低解像度動画の解決策、動画の解像度を最大8Kまで上げることが可能
  • 動画に最適なノイズリダクションを提供し、不鮮明さを解消する
  • アニメや人物の顔映像の完成度を高める専用設計のAIを搭載
hitpawのヘッダー

MacBookカメラの画質が荒い理由とは?荒い動画を綺麗にする完全ガイド!

オンラインでの会議、コラボ、コミュニケーションが優勢になっている今の時代、クリアでシャープなウェブカメラを備えておくことは非常に重要です。しかし、MacBookユーザーの多くは粗いカメラ画質に苦労し続けています。オンラインコミュニケーションでプロフェッショナルな見た目と鮮明さを維持しようとしているのに画質が荒く映ってしまうとダメージは大きくなりかねません。

この記事を最後まで読むと、MacBookカメラの画質の荒い動画を綺麗にするための必要な知識と解決策を手に入れることができ、オンラインの交流で毎回最高の映りになります。MacBookの画質をクリアにするための秘密を解き明かしていきましょう。

そもそもMacBookとは?

MacBookとは

MacBookとは2006年に誕生したApple社3番目のノートパソコンです。それ以前にはPowerBookとiBookというノートパソコンがありました。今も残っている2つのモデルがMacBook AirとMacBook Proです。初代のMacBookは2011年にリリースされて2015年に新たな機能を備えて復活した後、2019年に引退となりました。

AppleのRetinaディスプレイや、高い解像度、様々な圧を認識するForce Touchパッドなどはすべて2015年の新MacBookの機能です。また、2016年末までにSSDがすべてのMacBookに使用されました。

MacBook Pro

AppleのMacBook Proは最高速度のプロセッサと最大画面サイズを誇り、Macノートパソコンの中で初めてIntel CPUを搭載したのがMacBook Proでした(MacBook Proを参照)。なお、2020年にAppleは独自のCPUへと切り替えています(Apple Mシリーズを参照)。

MacBook Air

2008年に登場したMacBook AirはAppleの最軽量ノートパソコンです。タッチパッドにはiPhoneに似たジェスチャーベースのマルチタッチ機能を搭載しています。Airの中で最大画面のモデルは2023年にAir 15として登場しました。

なぜ自分のMacカメラは粗いのか?理由と解決策

オンライン会議や家族の再会等、重要なビデオ通話に参加しようとしているときに、ぼやけたカメラを使うのはかなり不快に感じるかもしれません。Macに搭載されているカメラがぼやけていたり見えにくくなっていたりしても心配はいりません。恐らくカメラ自体が壊れているわけではないので、少し調整してあげればよいだけです。この記事では、Macカメラの画質が荒いことの典型的な原因とそれを直す方法について話していきます。

ここから「なぜ自分のMacカメラは粗いのか?」に答えていくので、記事の続きを読んでください。

ほこりや砂

Macカメラは様々な原因によってぼやけて見えてしまいますが、ほこりや汚れがカメラレンズにたまっていることが最も多い原因です。

時間が経つにつれて小さな溝にたまったゴミがレンズをブロックしていることがあり、これがぼやけた映像につながります。細かな指紋や汚れであっても映像が歪んでしまうことがあります。

数週間に一度は布など適切な方法でレンズを拭いてmacカメラを清潔に保ち、たまにはカメラを確認してみましょう。

古いハードウェアやソフトウェア

ハードウェアやソフトウェアが古いことも原因になり得ます。クリアな写真や動画にするにはmacカメラを最新版にアップグレードする必要があるかもしれません。カメラ内部の構成部品の劣化により焦点を合わせるのが難しくなっていることも考えられます。

Appleサポートからのアップデートをチェックし、すべてのソフトが最新版であることを確認しましょう。

位置

あまりに遠くにいるとカメラがはっきりとした画像を捉えるのは難しくなるので、ノートパソコンの前にしっかりと座っていることを確認しましょう。また、パソコンのカメラに十分なスペースを与えるためにも、約60cmは空けて座るようにしましょう。

低解像度

カメラの設定が低解像度になっていることも映像がぼやける原因の一つです。他のデバイスと比較すると、macbookで低解像度になっているとズームで写真を撮るときにぼやけてしまうことがあります。カメラ設定で解像度を高くし、画像の画質を上げることで、細かいところまで見えるようになります。

被写体を変える

はっきり映るような写真を撮ろうとしている場合、焦点を変えてみると効果が出ることがあります。写真を撮る前にカメラの焦点設定を調節することで、ぼやけを軽減し、細かい部分を際立たせることができるようになります。

AIを使って荒い動画を綺麗にするには?

欠点のない動画画質を求めるゲームチェンジャーとして現れた HitPaw Video Enhancerによって、動画高画質化の新たなベンチマークが立てられました。簡単に動画素材を高画質にしたい人にとって最高の選択肢であり、WindowsにもMacにも対応しています。最先端のAIアルゴリズムによって駆動するので、従来のアプローチを超え、流れるような直観的体験を提供してくれます。

HitPaw Video Enhancerの特徴



AIを活用した動画高画質化ツール

HitPaw Video EnhancerはAIアルゴリズムによって駆動しており、たった数クリックするだけでAIが自動的に動画全体のクオリティを高めてくれます。

8K解像度までアップスケーリング

動画を驚きの8Kまでアップスケーリングする能力はメインの機能の1つであり、画質の粗いコンテンツでさえも生まれ変わらせてくれます。卓越した映像体験を生み出すために、HitPawの高度なAIアルゴリズムが各フレームを磨き上げ、粗さをなくして精密さに磨きをかけてくれます。また、綺麗なのに使いやすいインターフェースのおかげで、どんなスキルレベルの人が使っても簡単に操作できるようになっています。

ウォーターマークなしでプレビュー

さらにHitPaw Video Enhancerはウォーターマークなしのプレビュー機能を備えているので、最終確定する前に仕上がりを確認できます。普通の動画を映画級の映像へと引き上げたいと思っている人は、HitPaw Video Enhancerが第一候補に挙がってきます。高性能機能をたくさん備えているHitPaw Video Enhancerは動画高画質化技術の水準を高めたと言えます。

HitPaw Video Enhancerの使い方

  • ステップ1.ダウンロードとインストール:HitPaw Video Enhancerの公式サイトまたは下のボタンからソフトをダウンロードしましょう。

  • ステップ2.動画のアップロード:インストール後に動画をインポートしたらAIがアップスケーリングしてくれます。ドラッグ&ドロップもしくは「ファイルを選択」ボタンをクリックします。

    画質の粗い動画をインポート
  • ステップ3.AIモデルの選択:7つのAIモデルが用意されています。ジェネラルデノイズモデル、アニメ専用モデル、顔専用モデル、カラー化モデル、色彩強化モデル、フレーム改変モデル、安定化モデルがあります。 (注意:メインページに表示されていない場合は、「モデルを追加」ボタンを押してモデルライブラリからモデルをダウンロードしてください。)

    AI高画質化モデルを選択
  • ステップ4.エクスポートとプレビュー:動画のアップロードが終わったら、プレビューボタンをクリックして処理を開始します。少し時間がかかる場合があります。仕上がりに満足したら、エクスポートをクリックして保存しましょう。

    鮮明化された動画をエクスポート

Premiere Proで粗い動画を鮮明にするには?

主力動画編集ソフトであるAdobe Premiere Proでは、画質の粗い動画を直接直してくれる解決策が用意されています。macカメラで撮られた動画が荒い場合は、Premiere ProがAI動画高画質化に代わる効果的なツールになります。Premiere Proで以下のステップを踏み、動画画質を綺麗にしましょう。

ステップ1.粗い動画をインポート

Premiere Proを立ち上げて「ファイル」メニューから「インポート」をクリックして粗い動画をインポートします。

ステップ2.新しいシーケンスを作成

プロジェクトパネル上のインポートされた動画を右クリックし、「クリップからの新しいシーケンス」を選択します。これで動画と同じ設定の新たなシーケンスが作成されます。

ステップ3.エフェクトと調整

エフェクトパネルで「シャープにする」や「ノイズ除去」などのオプションを試して動画画質を上げましょう。望んでいる仕上がりを得るために色々な設定を試してみましょう。

ステップ4.高画質になった動画のエクスポート

調整の結果に満足したら「ファイル」>「エクスポート」>「メディア」とクリックして動画をエクスポートします。

これらのステップを追っていけば、画質の荒い動画もAdobe Premiere Proを使ってうまく対処でき、動画画質が全体的に良くなります。追加機能など詳しい情報はAdobe Premiere Proで確認してください。

まとめ!

Macカメラで撮影されたぼやけた映像を修正するにはAdobe Premiere Proが重宝します。それに取って代わるAI動画高画質化ツールには、高性能かつ単純なUIを備えた HitPaw Video Enhancer があります。ユーザーはインポート、新たなシーケンスの作成、エフェクトの追加、エクスポートを通してビジュアル画質を大幅に綺麗にすることができます。Adobe Premiere Proは動画拡張に対して細かく操作できるため、本格的な動画編集にもってこいです。動画の質を高めてくれる選択肢に溢れた世界を探検し、最大限に活用しましょう。

「評価」をお選びください:

編集長 松井祐介
コメントを書く

製品また記事に関するコメントを書きましょう。

おすすめ製品

HitPaw Edimakor

HitPaw Edimakor

無限の創造力をコンセプトから実現する、数々の賞を受賞した動画編集ソフト。

HiPaw Photo Enhancer

HiPaw Photo Enhancer

品質を損なわず画像の高画質化。

download
インストールはこちら