HitPaw Photo Object Remover

  • AI搭載で、不要なものを瞬時に削除
  • 3つのステップで画像から不要なものを消す
  • 画像から人消すこと、写真に影消すこと、写真レタッチも対応
  • 最も速く、最も魅力的な画像切り抜き
hitpawのヘッダー

GIMPを使って背景をぼかす方法:簡単ステップガイド

GIMPは、GNU GPLが配布している画像編集・加工ソフトです。画像の背景をぼかす際にも効果的なツールで、ぼかしの加工方法にも対応しています。

この記事では、 GIMPを使った背景のぼかした方を紹介します。部分的なぼかしの追加方法や、最適な背景除去の方法であるHitPaw Photo Object Removerの特徴やメリットまでわかる記事です。ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること
  • GIMPで画像の背景をぼかす方法
  • 画像の編集をもっと簡単にするソフト
GIMPの操作をもっと知りたいなら

➬関連記事:GIMPの画像人物の切り抜き使い方は?もっとラクな方法もご紹介!

➬関連記事:【ステップバイステップ】GIMPで画像色変更の方法を分かりやすく説明!

GIMP アイコン
目次:

パート1.GIMP ぼかし①|GIMPで画像の背景をぼかす方法

GIMPでぼかしを使う際は、メニューバーのフィルターからぼかしを選択します。ぼかし処理には、いくつか処理方法があり、任意のものを選択可能です。レイヤー全体にぼかしをかけたり、一部分だけをぼかしたりでき、幅広く処理するために使えるでしょう。

まずGIMPで背景を簡単にぼかしをかける方法を説明します。

  • 1.GIMPを開き、ぼかしたい画像を読み込みます。

    gimp ぼかし
  • 2.ツールパネルから「電脳はさみ」(「自由選択」など)のツールを使って、ぼかさない対象を選択します。

    gimp ぼかし
  • 3.電脳はさみを使用して、対象の境界をクリックしていくことで選択範囲を指定します。

    gimp ぼかし
  • 4.一周回って選択を完了します。

    gimp ぼかし
  • 5.メニューバーから「選択」を選び、「選択範囲の反転」をクリックします。

    gimp 背景 ぼかし
  • 6.「フィルタ(Filters)」メニューに移動し、「ぼかし(Blur)」を選択します。さまざまなぼかしオプションが表示されるので、適切なぼかし効果を選択します。例えば、「ガウスぼかし(Gaussian Blur)」は一般的な選択肢です。

    gimp 背景 ぼかし
  • 7.ぼかしの強度を調整するためにダイアログが表示されるので、適切な値を設定します。プレビューを確認しながら調整できます。. OKボタンをクリックしてぼかしを適用します。

    gimp 背景 ぼかし
  • 8.メニューバーから「選択」を選び、「選択を解除」をクリックします。

    gimp 背景 ぼかし
  • 9.これで画像背景のぼかしが完成しました。

    gimp 写真 ぼかし

以上の方法を使用して、GIMPで背景をぼかすことができます。詳細な調整が可能で、ぼかし効果をニーズに合わせてカスタマイズできます。

では写真の一部だけぼかしたい場合はどうすればいいのか?次の方法もご覧ください。

パート2.GIMP ぼかし②|GIMPで部分的にぼかしを追加する方法

GIMPでは、範囲を選択して、部分的にぼかしを入れる方法があります。メニューバーから「ファイル」を選択し、「開く/インポート」をクリックしましょう。画面左上に「矩形選択」「楕円選択」「自由選択」の3種類から選べます。

ぼかしたい部分の選択は、ドラッグで直感的に決定可能です。sizeX・sizeYの値でぼかしの強さを決定し、「OK」を押すとぼかしが完了します。

gimp 写真 一部ぼかし

パート3.GIMPぼかしよりも最適な背景除去の方法― HitPaw Photo Object Remover

日常生活では、背景をぼかすだけでは済まないことがあります。写真の背景を消す必要がある場合、HitPaw Photo Object Removerが非常に役に立つでしょう。

例えば、写り込んでしまった余計なものや人物などを、ぼかしではなく丸ごと消してしまいたい場合です。そんなときに非常に役立つのが、HitPaw Photo Object Removerです。

      ポイント:
    • 写真から人や影も含め、 2 秒で簡単に消す
    • 高精度なAIにより写真・画像の背景を透過にする
    • わかりやすいUIデザインで初心者でも直感的に操作でき
    • 写真の人を消す効果の プレビューを無料で取得
    • シミやシワはもちろん 、マリオネットラインも消すことができ

ぼかし処理ではなく人物や背景などを消したいときにとても便利です。「HitPaw Photo Object Remover」は操作が簡単でとても使いやすいので、 細かい作業が苦手な人におすすめです。また、 1クリックで背景を変えれたりと、 瞬時に操作ができるので 大量の画像を編集する人にとってもおすすめのソフトです。

まとめ

ここまで、GIMPで背景にぼかしを全体や一部分に入れる方法を解説しました。画像の手順で操作すれば、GIMPで簡単にぼかし処理できます。旅行などや記念など、長く保存しておきたい写真はぼかしをかけたくない場合もあります。そんなときはご紹介したHitPaw Photo Object Removerを使ってみてください。不要な人物や背景を簡単に消せるので、細かい作業が苦手な人でも使いやすいです。ぜひお試しください。

GIMPで背景をぼかすに関するよくある質問

Q1. GIMPでレイヤー全体にぼかしするには?

A1. レイヤー全体にぼかしを入れる手順は以下のとおりです。メニューバーから「フィルタ」メニューに移動し、「ぼかし」を選択します。

Q2. GIMPで背景ぼかし後に調整が必要な場合、どのように手動で微調整できますか?

A2. GIMPで背景ぼかしの調整をしたい場合、「ガウスぼかし」を選択しましょう。するとXとYの数値を調整できるため、そこからぼかしの度合を変えられます。

「評価」をお選びください:

編集長 松井祐介
コメントを書く

製品また記事に関するコメントを書きましょう。

おすすめ製品

HitPaw watermark remover

HitPaw Watermark Remover

AIパワーで動画・画像からウォーターマークをワンクリックで消す。

HiPaw Photo AI

HiPaw Photo AI

品質を損なわず画像の高画質化。

download
インストールはこちら