HitPaw Photo AI

  • WindowsとMacで利用可能な最高のAI画像高画質化ツール
  • ワンクリックで画質・解像度の自動補正が可能
  • 写真のボケを抑え、ノイズを除去する
  • 画質を全く落とさずに拡大・縮小する
hitpawのヘッダー

Canvaで写真のふちをぼかす方法を紹介!

撮った写真のふちがあまり綺麗に映っていないことはありませんか?ふちが汚いと写真全体の雰囲気が台無しになってしまうので、そういう場合はあえて画像のふちをぼかしてみましょう。

写真のふちぼかしには、Canvaというオンラインの写真編集ツールを使えばすぐに様々な画像を編集することができます。この記事では、Canvaを使って画質を落とさずに写真のふちをぼかす方法を見ていきます。

その1.Canvaでふちぼかし

画質の粗い写真は、商用だと特に良くない印象になってしまいます。Canvaで写真のふちをぼかすことで、SNSに投稿しても不要な部分を見られないようにすることができます。

Canvaは簡単な操作で写真編集ができると話題の画像編集ツールです。

ここからは、Canvaを使って写真ふちをぼかす手順を見ていきます。

  • 1.Canvaを開いてアカウントにログイン。

    Canvaにログイン
  • 2.「デザインを作る」を押してプロセスを開始。

    デザインを始める
  • 3.テンプレートのリストを見て好きなものを選ぶ。例として、ここではポスターテンプレートを選択する。

    テンプレートを選択
  • 4.「ファイルのアップロード」をクリックしてふちをぼかしたい写真を選択し、インポートする。

    ふちをぼかしたい写真をインポート
  • 5.左側のツールバーから素材ボタンをクリック。次に、検索バーで「ぼかし」と入力する。これで、写真に適用する好みのぼかしを選択できる。

    ぼかし効果を選択
  • 6.このフェーズでは、右側に出ている透明度スライダーを使って強さをカスタマイズする。

    ぼかしの強さを設定
  • 7.写真のふちにぼかしエフェクトを置く。

    写真のふちにぼかし効果をかける
  • 8.以上でCanvaを使ってふちぼかしは完了。仕上がりを確認し、まだ編集の余地があるようであれば続けて編集できる。

    仕上がりに満足したら、共有ボタンを押して保存し、パソコン上の好きな保存先に出来上がった写真を保存しましょう。

    ふちのぼかした写真を保存

その2.写真高画質化の大本命! HitPaw Photo AI

カメラ上の設定だけで完璧な写真を作ろうとするのは無理があります。その代わりに、写真編集を行って魅力的な写真に仕上げましょう。Hitpaw Photo AIの登場により、画像のクオリティーを上げるのは想像以上に簡単になっています。

高性能AIモデルが6つ用意されているので、画像のクオリティーがワンランクアップします。フォーマットを多数サポートしているほか、複数の写真を同時にインポートできる機能もあり、画像編集をしたいと思っている多くの人にとってベストな選択肢となっています。

機能
  • MacとWindows両対応の画像アップスケーリング
  • 写真の解像度と質を自動で高めてくれる
  • 画像のぼかしを消すこともできる
  • 画質を落とすことなく画像を拡大・アップスケーリング可能
  • モノクロ写真のカラー化も叶う
  • 画像の大きさもすぐに調節可能
  • 一括処理対応なので複数の画像を同時にアップスケーリング
  • 画像にウォーターマークがつかない

ここからは、Hitpaw Photo AIを使って画像をアップスケーリングする方法について詳しく説明していきます。

  • ステップ1:Hitpaw Photo AIの公式サイトに行って、MacかWindowsのパソコンにインストールします。

    次に、ソフトを起動し、画質を良くしたい画像を「ファイルを選択」ボタンから選択します。Hitpaw Photo AIではTIFF、WEBP、JPG、PNGなどをはじめとする様々な画像フォーマットがサポートされています。さらに、Hitpaw Photo AIでは一括処理機能が搭載されているため、複数の画像を同時にインポートすることもできます。

    高画質にしたい画像をインポート
  • ステップ2:Hitpaw Photo AIには色補正モデル、顔専用モデル、ジェネラルモデル、デノイズモデルを含む6種類のAIモデルが用意されています。ジェネラルモデルでは花、動物、建物などのポートレートが高画質になります。

    顔専用モデルは画像からぼかしを消すことに特化していて、デノイズモデルは低照度で撮影された写真やISOの高い画像に向いています。色補正モデルは露光のない画像を修正し、目を惹く写真に仕上げてくれます。

    AIモデルを選択
  • ステップ3:プレビューアイコンをクリックして適用したAIモデルを確認してみましょう。画像の仕上がりに満足したら、エクスポートアイコンを押して画像をダウンロードできます。

    高質化した写真を保存

その3.写真ふちぼかしに関するよくある質問

Q1. Canvaでふちをグラデーションにすることはできますか?

A1. Canvaでふちをグラデーションにするのは可能であり、簡単なステップを踏むだけでできるようになっています。

Canvaでふちをグラデーションにする手順は以下の通りです。

1.Canvaを起動し、「デザインを作成」を押す。次に、写真をタイムラインにインポートする。
2.画像の背景を変える。背景色の選択が推奨。
3.素材アイコンから「透明グラデーション」と入力し、グラフィックスボタンを押してから、使いたいグラデーション背景を見つける。徐々に消えるエフェクトのあるグラデーションを適用したら、画像を好きな場所にエクスポート。

Q2. Canvaでふちを透明にするにはどうしたらよいですか?

A2. 写真のふちが気になるようであれば、Canvaを使って問題なく透明にできます。Canvaを立ち上げて編集したい写真をインポートします。そして、グラデーションまたはぼかしを選択すればふちが透明になります。

まとめ

画像のふちをぼかすと写真全体のクオリティーが落ちてしまうようなツールも少なくありません。よって、Canvaを使ってふちぼかしを試みるのは適切な考えだと言えます。この記事で説明したCanvaを使ってふちをぼかす手順を追ってみると良いでしょう。このツールを使えば画像のふちをすぐにぼかすことができます。

また、画像を素早く高画質にする手段として HitPaw Photo AI が最もおすすめであると紹介しました。ぼかしのある画像を修正することから、モノクロ画像のカラー化まで、様々な編集機能が備わっています。したがって、画像の高画質化を目指している時にはHitpaw Photo AIの力を検討してみてください。

「評価」をお選びください:

編集長 松井祐介
コメントを書く

製品また記事に関するコメントを書きましょう。

おすすめ製品

HitPaw Edimakor

HitPaw Edimakor

無限の創造力をコンセプトから実現する、数々の賞を受賞した動画編集ソフト。

HitPaw Voice Changer

HitPaw Voice Changer

高品質で音声を簡単に変更できる

download
インストールはこちら