HitPaw Video Enhancer

  • ワンクリックでAI動画高画質
  • 低解像度動画の解決策、動画の解像度を最大8Kまで上げることが可能
  • 動画に最適なノイズリダクションを提供し、不鮮明さを解消する
  • アニメや人物の顔映像の完成度を高める専用設計のAIを搭載
hitpawのヘッダー

8K YouTube動画 最強ガイド

クリエイターも視聴者も次に何がヒットするかは常に注視しているものですが、YouTubeをはじめとするプラットフォームで8K動画が増えるにつれて、鮮やかで細部までよく見えるビジュアルの限界は今までにないほど押し上げられてきました。このガイドでは8Kの世界に踏み込んで、その素晴らしさやYouTube上で8K映像をどのように体験できるかについて見ていきます。

その1:8K動画とは何か?

8K動画とは

8K動画とは、デジタル動画の領域で最も解像度の高い映像の1つを表します。約7680×4320画素の解像度を持ち、4K動画の4倍、フルHD動画の16倍の画素数を誇ります。この膨大な画素数により、未だかつてないほど細部までよく見えて生き生きとしたビジュアルが映し出されるので、見ている人は映像の世界に没入しているかのような感覚になります。

8Kのメリットは映像の鮮やかさだけではありません。画素数が多いので、動画編集者はポストプロダクションでかなり柔軟に編集できるようになります。8Kフレームで画質を損なうことなくトリミング、ズーム、パンもできます。しかし、8Kは映像の細かさにおいては無敵ではあるものの、大きな画面に映し出して解像度の違いを際立たせてこそポテンシャルを最大限に引き出せると知っておくことも重要です。

その2:YouTubeで8K動画を見るには?

YouTubeで8K映像を見るのは目の保養になりますが、そのためには正しい機器とノウハウが必要になってきます。ここから8K動画をYouTubeで見る方法と、それぞれのメリットとデメリットを見ていきます。

▶1. 8Kテレビを使う

8kテレビ

8Kテレビの生産に乗り出したブランドはいくつかあり、サムスン、LG、ソニーなどのブランドが8K再生をサポートする主力モデルを持っています。

メリット
  • ✔8K専用:8Kコンテンツを映し出すことを念頭に設計されているので、画質が最適化されるようになっています。
  • ✔大画面:8Kテレビは一般的にサイズが大きく、あたかも映像の中の世界にいるような体験ができます。
デメリット
  • ✕費用:8Kテレビはかなり高価なものが多いです。
  • ✕コンテンツ数が少ない:YouTubeなどのプラットフォームでは8K動画の数は増えてきているものの、低解像度の映像に比べると8Kのコンテンツは限られています。

▶2. 超高速パソコンを使う

超高速パソコン

パソコンでYouTube動画を見るのが好きな人は、強力なグラフィックスカードと8Kをサポートしているモニターを備えた超高速パソコンを使うこともできます。

Pros
  • ✔柔軟性:パソコンはソフトウェアと設定の調整に関して柔軟であることが多いです。
  • ✔多目的:パソコンなら動画視聴だけでなくゲームや編集など様々なタスクをこなすことができます。
デメリット
  • ✕ハードウェアを揃える必要がある:YouTubeで8K動画をスムーズに再生するには、高性能グラフィックスカードと8K解像度をサポートしているモニターの両方が必要になります。
  • ✕互換性で問題が生じる可能性:8K映像をYouTubeで再生しようとした時、特定のブラウザやグラフィックスカードでは問題が生じたとの報告があります。

その3:YouTube動画を8Kに高画質化するツールはあるのか?

「YouTube動画の画質を今よりも良くすることはできないか?」と疑問に思う方も多くいると思います。特にYouTubeでの8K動画に関しては、鮮明さを求める旅に終着地点はありません。ですが、動画を高画質にしたいと考えている方には朗報です。YouTube動画を8Kにまで引き上げるには HitPaw Video Enhancerを使う方法があります。

特徴
  • ✔8K高画質化: HitPaw Video Enhancerの主な機能の1つが動画を8K解像度までアップスケールすることです。つまり、元々の動画が8Kでなくても、このソフトを使えばYouTube動画を8Kにまで引き上げることができます。
  • ✔ノイズ除去: 暗い場所で動画を撮影するとノイズが入ってしまうことがよくあります。HitPaw Video Enhancerにはノイズを減らせるノイズ除去機能がついているので、動画がクリアでスムーズに映るようになります。
  • ✔明るさとコントラスト調整: 明るさやコントラストを微調整するだけで動画の印象がかなり変わる場合もあります。HitPawを使えば手動で調整できるので思い通りに仕上げることができます。
  • ✔ウォーターマークなし:動画を最終確定する前に高画質化した動画をウォーターマークなしでプレビューできるので、仕上がりをありのまま確認できます。
  • ✔シャープニングツール: ぼやけた残念な動画にならないように、HitPaw Video Enhancerのシャープニングツールを使って動画を細部まで鮮明かつ美しく見せましょう。
  • ✔カラー修正:彩度、色相、鮮やかさなどを調整する際はカラー修正ツールを使って躍動感のある動画に仕上げましょう。
  • ✔エクスポートオプション多数:高画質化が終わったら幅広いエクスポートオプションから自分に合ったものを選択します。特定のフォーマットでの保存も、ビットレートの調節も、フレームレートの選択も自由自在です。
  • ✔一括処理: 高画質化したい動画が複数ある場合は、一括処理機能を活用して一度に処理をかければ時間も手間も省けます。
  • ✔多数のフォーマットをサポート:様々なフォーマットをサポートしているので、MP4、AVI、MOVなどよく使われている動画フォーマットであれば互換性の心配は無用です。
  • ✔チュートリアルあり: 初心者であっても、ソフト内の対話式チュートリアルを見れば機能についての説明を一つ一つ聞くことができるので、ソフトを最大限に活用できるようになります。
HitPaw Video Enhancerの使い方
  • ステップ1. ダウンロードとインストール公式サイトからHitPaw Video Enhancerをダウンロードしましょう。続けてインストールに進んでください。

  • ステップ2. ソフト立ち上げとインポートインストールが終わってソフトを開くと、操作しやすい画面が出迎えてくれます。「ファイルを選択」ボタンをクリックして、高画質化したいYouTube動画をインポートしましょう。

    hitpawでyoutube動画を8Kにする手順2
  • ステップ3. 高画質化オプションを選択右のパネルには様々な高画質化オプションが書かれています。好きな解像度を選び(この場合は8K)、使用目的に合わせて他の機能も選択します。

    hitpawでyoutube動画を8Kにする手順3
  • ステップ4. プレビューと保存エクスポートする前に、プレビュー機能を使って仕上がった動画を確認しましょう。仕上がりに満足なら、「エクスポート」ボタンをクリックして好きな場所に保存しましょう。

    hitpawでyoutube動画を8Kにする手順4
YouTube動画の画質に関してもっと知りたい場合

➬関連記事:YouTube 1080P動画について知っておくべきことすべて

➬関連記事:YouTube高画質動画の最強ガイド

hitpawアイコン

その4:よくあるご質問

Q1. YouTubeで8K動画が遅くなるのはなぜですか?

A1. 8K動画をストリーミング配信するのは、デバイスとネット接続の両方に負担が大きいことから、決して簡単に達成できることではありません。Huaweiによると、8K動画再生はデバイスのCPUとGPUによって大きく左右されるということです。どちらかが基準に満たないだけでもラグやがたつきに繋がります。さらに、ネット速度も非常に重要で、8Kのストリーミング配信には安定したネット速度が必要になります。また、回線容量が不十分だとバッファリングが起きたり解像度が低くなったりします。よって、8K映像をYouTubeで視聴する時には、デバイスが常に最新の状態に保たれているようにすることと、ネット接続が安定していることが大切です。

Q2. YouTubeは8Kを出力できますか?

A2. もちろんです。YouTubeは高解像度のコンテンツをサポートすることにおいて最前線であり続けています。今ではYouTubeをはじめとする多数のプラットフォームが8Kコンテンツを提供しています。しかしながら、YouTubeは8Kコンテンツをサポートしているものの、実際の再生画質は視聴者のデバイスとネット接続に左右されることを理解しておきましょう。両方とも最適な場合、YouTubeで鮮明な8K動画をサクサク見ることができます。

Q3. YouTubeは8K 120fpsをサポートしていますか?

A3. フレームレートは動画再生のスムーズさを決定するので動画画質において非常に大切な要素です。現在、YouTubeの普通の動画では24 fpsから60 fpsのフレームレートがサポートされています。120 fpsなどフレームレートが高いと特にアクションシーンの再生がスムーズになりますが、YouTubeは8Kを120 fpsでサポートしていません。YouTubeでは、解像度が8Kであったとしても24 fps、30 fpsや60 fpsの動画の方が一般的です。

結論

YouTube等のプラットフォームで8Kが導入されたことで、動画画質の発展は目覚ましくなっており、コンテンツクリエイターにも視聴者にもかつてないほどのビジュアル体験を提供しています。しかし、心ゆくまで楽しむには、デバイスもネット接続も一定基準を満たさなければなりません。技術はこの先も進み続けていくので、8Kが今の4Kと同じくらい一般的になるのは時間の問題です。動画画質を高めようとしている人にとってHitPaw Video Enhancerのようなツールは重宝するはずです。様々な機能を搭載しているので、動画画質の向上を真剣に考えている人は誰もが持つべきツールと言えます。 HitPaw Video Enhancer を試しに使ってみて動画コンテンツのレベルを引き上げましょう!

「評価」をお選びください:

編集長 松井祐介
コメントを書く

製品また記事に関するコメントを書きましょう。

おすすめ製品

HitPaw watermark remover

HitPaw Watermark Remover

AIパワーで動画・画像からウォーターマークをワンクリックで消す。

HiPaw Photo Enhancer

HiPaw Photo Enhancer

品質を損なわず画像の高画質化。

download
インストールはこちら