HitPaw Photo AI

  • WindowsとMacで利用可能な最高のAI画像高画質化ツール
  • ワンクリックで画質・解像度の自動補正が可能
  • 写真のボケを抑え、ノイズを除去する
  • 画質を全く落とさずに拡大・縮小する
hitpawのヘッダー

Photoshopのぼかしを完全に理解する

絵や写真の輪郭をぼかさないといけない頻度は高く、Adobe Photoshopではこれを「フェザー」機能と呼んでいます。画像のふちぼかし、画像統合、部分的な編集に使えるタイプの機能です。Photoshopを使えば写真のふちぼかしができるのです。

「Photoshopにおけるフェザー(画像輪郭ぼかし)とは何か」、写真ふちぼかしツールへのショートカットのやり方を詳しく知りたいなら、この優れたガイドで必要な情報を全て手に入れましょう。

パート1. Photoshopのぼかしとは?

フェザーとは輪郭をぼかすことです。選択した輪郭をぼかすことで、画像の統合、部分編集してオブジェクトを追加、くっきりした輪郭のぼかしができます。フェザー機能を使って画像の一部を消し、切り取り部分を魅力的に見せ、ブラシによる調整と組み合わせることもできます。フォトショのぼかしは一連のブラシツールを使っても実行できます。

パート2. Photoshopぼかしのショートカットの場所は?

Photoshopのぼかし選択作業で時間を節約したいなら、Photoshopのフェザーショートカットが使えます。「フェザー」を画面上で選択するのではなく、「SHIFT+F6」を押して実行できます。

Photoshopでフェザーショートカットを使いぼかし加工するやり方は以下の通りです。

手順1

Adobe Photoshopを起動し「CTRL+N」を押して新規ファイルを開きます。次に、Adobe Photoshopに画像をインポートします。「CTRL+T」キーを押してAdobe Photoshopの自由変形ツールを起動します。

画像をPhotoshopに追加 Photoshopの自由変形ツールを起動

手順2

Windows PCの「CTRL」キーを押しながら画像レイヤーのサムネイルをクリックします。こうして編集したい画像レイヤーに移動します。

画像レイヤーのサムネイルをクリック 画像レイヤーを開く

手順3

フェザー設定を完了するまでには数段階あります。こうした段階を経ることなくAdobe Photoshopの「SHIFT+F6」フェザーショートカットにより「フェザー選択」パネルが開きます。

「フェザー選択」パネルを開く1 「フェザー選択」パネルを開く2

手順4

ここで、画像に適用するぼかしの量を調整します。フェザー選択は100ピクセルまで設定でき、満足なら、画像をPCにダウンロードできます。

ぼかしを適用

パート3. HitPaw Photo AIによるおすすめのPC向け画像補正ツール

クリックした画像には編集しないと常に欠陥があります。残念ながら、画像の品質を向上するのではなく、さらに破損させてしまう画像編集ツールはたくさんあります。

幸い、画質アップスケール用ツールとして評判があり専門的なHitPaw Photo AIにそのような問題はありません。6つの本当に注目で優れたAIモデルにより、画質をレベルアップするのは思った以上に簡単です。

HitPaw Photo AIが好まれるのには様々な理由があります。AIベースの技術を提供するだけでなく、HitPaw Photo AIでは編集中に画質への影響がありません。そのため、厄介なぼやけや古い写真に苦労している場合でも、HitPaw Photo AIなら画像をにぎやかで衝撃的に見せられます。さらにHitPaw Photo AIが好まれる理由としては同時に複数画像を編集・アップスケールできるという点があります。

特徴
  • MacとWindowsにおける最高の画像補正ツールです。
  • 解像度や画質を自動的に向上できます。
  • 画像からノイズ除去できます。
  • 画像をくっきりさせられます。
  • 画質を損ねずに画像のアップスケールや拡大ができます。
  • 画質のアップスケールが自動でできます。
  • 6つの魅力的なAIモデルが使えます。
  • HitPaw Photo AIは画質に影響なし
  • 画像を自動的にリサイズできます。
  • MacとWindowsに互換性あり

HitPaw Photo AIで画像補正する手順は以下の通りです。

  • 手順1:HitPaw Photo AIのサイトにアクセスして時間をかけずにソフトをPCにダウンロードします。次に、ソフトをインストールしてから起動します。「ファイル選択」ボタンをクリックして補正したい画像をインポートします。

    HitPaw Photo AIは複数画像形式対応のため、TIFF、WEBP、JPG、PNGなどの画像形式と互換性があります。さらに、HitPaw Photo AIでは複数枚の画像を同時にインポートできます。

          補正したい画像を追加
  • 手順2:HitPaw Photo AIはデノイズモデル、ジェネラルモデル、カラー化モデル、色補正モデルといった6つのAIモデルを備えています。

    ジェネラルモデルは花、動物、建物、風景といった現実の場面の画像品質を向上します。デノイズモデルは低照度やISO感度の高い画像を修正します。フェースモデルを使えば画像のぼやけを消せます。

    白黒画像で困っているなら、カラー化モデルは画像に色付けするのに役立ちます。色補正モデルでは露光のない画像を直せます。

  • 手順3:好みのAIモデルを適用したら、「プレビュー」ボタンをクリックしてPC内のファイルをみていきます。プレビューしてからダウンロードできるので更に必要な変更を加えるのに役立ちます。

パート4. Photoshopでの画像ぼかしについてよくある質問

Q1. 画像ぼかしと画像フェザーの違いは?

A1. フェザーとぼかしはかなり似ていますが全く異なるツールです。フェザーは画像のはっきりした輪郭をぼかし、ほかの画像や背景に対してグラデーション化します。

一方、ぼかしは、画像のあらゆる部分をぼかして、ふんわりと溶け込ませます。フェザーはオパシティのみに影響するので、オブジェクトの輪郭がより透明化します。

一方、ぼかしは、オパシティも色も均質化し、隣り合うピクセルに影響します。

Q2. Photoshopでぼかしをなくす方法は?

A2. Adobe Photoshopでフェザーを除去・消去するのはかなり簡単で、以下のガイドラインに従って操作するだけでAdobe Photoshopでフェザーを除去できます。

手順1. 選択後、「Q」キーを押してクイックマスクモードにします。

手順2. 「CTRL+L」を押して「レベル」ボックスを表示します。左右のスライドを動かすことでフェザーを除去できます。再び「Q」を押し、レベルの確定が終わったらクイックマスクモードをオフにします。これでフェザーの除去ができない場合、HitPaw Photo AIをチェックし、画像の欠陥をなくし、素敵で驚くような仕上がりにしましょう。

まとめ

「Photoshopのフェザーって?」と疑問を抱いていた人は、Photoshopフェザーに関する情報を網羅したこの記事で解決したことでしょう。

この記事ではPhotoshopにおけるフェザーショートカットのやり方や選択範囲にフェザーを適用する方法も伝えました。 HitPaw Photo AIは画像補正用として最高におすすめのツールです。6つのAIモデルを使って画質を損ねず画像を補正します。

「評価」をお選びください:

編集長 松井祐介
コメントを書く

製品また記事に関するコメントを書きましょう。

おすすめ製品

HitPaw Edimakor

HitPaw Edimakor

無限の創造力をコンセプトから実現する、数々の賞を受賞した動画編集ソフト。

HitPaw Voice Changer

HitPaw Voice Changer

高品質で音声を簡単に変更できる

download
インストールはこちら