HitPaw Photo AI

  • WindowsとMacで利用可能な最高のAI画像高画質化ツール
  • ワンクリックで画質・解像度の自動補正が可能
  • 写真のボケを抑え、ノイズを除去する
  • 画質を全く落とさずに拡大・縮小する
hitpawのヘッダー

【100_効果的】Photoshopでふちをぼかす方法

ぼかしは画像編集の中でも重要ですが、Photoshopで輪郭ぼかしをするのは少し大変な可能性があります。Photoshopは専門的で高度なツールのため初心者が周りをぼかすとき困難に直面します。

そのため、もう少し簡単にPhotoshopで境界線をぼかすには、この情報たっぷりのガイドを見てみましょう。

パート1. Photoshopで画像ぼかしする方法

Photoshopのふちぼかしではくっきりした画像の縁をぼかして、より見やすく目立たせます。Adobe Photoshopには魅力的な画像編集機能が備わっていますが、Adobe Photoshopのふちぼかし機能をマスターするにはかなり時間がかかります。

Photoshopでふちをぼかす手順は以下の通りです。

手順1

Adobe PhotoshopをPCにインストールして起動し「開く」をクリックしてぼかしたい画像をアップロードします。

ふちをぼかした画像をPhotoshopに追加1 ふちをぼかした画像をPhotoshopに追加2

手順2

この段階で、画像の一部を選択するため、円形選択ツールを選択するのが合理的です。ぼかしたい範囲を選択すると、選択範囲に破線で円が描かれます。

ぼかしたい範囲を選択1 ぼかしたい範囲を選択2

手順3

ぼかしたい範囲を選択したら、「選択」をクリックしてから「選択とマスク」を選びます。この項目をクリックしたら、「プロパティ」メニューに移動します。

プロパティ画面を開く1 プロパティ画面を開く2

手順4

「フェザー(ふちぼかし)」アイコンをクリックすると、枠内で変更を確認できます。フェザーの値が大きいと、ふちがよりぼやけて見えることを覚えておきましょう。そのため、40〜60ピクセルを選択して次に進むのが最もおすすめです。

それ以上の値を選択した場合、画像がぼやけるでしょう。しかし、低い値を選択すると画像が円形のように見えてしまい、期待した効果が得られません。

フェザーの値を設定1 フェザーの値を設定2

手順5

「OK」をクリックして選択範囲に変更を適用します。「OK」をクリックすると「フェザー」の項目が画面から消えますが、画像の選択範囲はそのまま見られます。

選択範囲に変更を適用

手順6

この段階で、画像の選択範囲をコピーし、別の画像に重ねることもできます。選択範囲をコピーするには、Windowsでは「CTRL+C」、Macの場合は「Command+C」で同じ操作ができます。

画像の選択範囲をコピー1 画像の選択範囲をコピー2

次に、新規レイヤーを作成してWindowsの場合は「CTRL+V」でペーストします。これで「Photoshopでふちをぼかす」作業は完了です。

手順7

ぼかし効果を付けた後、画像に更なる変更を加えられます。画像背景を変更するには、「編集」をクリックしてから「塗りつぶし」を選びましょう。背景色を選択して「OK」をクリックすれば作業完了です。

Photoshopで画像背景を変更

パート2. HitPaw Photo AIを使ったおすすめの画像補正方法

Photoshopのふちぼかしを使って思うような効果が得られず、ふちをぼかすのではなく画像解像度が損なわれてしまった場合、Adobe Photoshop以外の手段を見てみましょう。6つのAIモデルや分かりやすい操作画面を備えたHitPaw Photo AIは、Adobe Photoshopに代わる夢のようなツールです。

Photoshopとは違い、HitPaw Photo AIにはソフトを使用して画像補正するための予備知識はいりません。その代わり、ただ画像をインポートしてAIモデルを選ぶだけで魅力的かつ驚くような画像に仕上がります。

特徴
  • 自動的に画像を補正できます。
  • HitPaw Photo AIは画質に影響しません。
  • 手間のいらない操作画面です。
  • 画像からノイズを除去できます。
  • 画像をリサイズし、完璧な見た目に仕上げられます。
  • 最小限の手間で6つの魅力的なAIモデルが使えます。
  • 苦労無く白黒画像をカラー化できます。
  • MacとWindowsに対応
  • 複数画像を同時に処理可能

HitPaw Photo AIを使って画像補正する手順は以下の通りです。

  • 手順1:HitPaw Photo AIの公式サイトにアクセスしてソフトをインストールします。次に、ソフトを立ち上げて「ファイル選択」をクリックし、補正したい画像をインポートします。TIFF、WEBP、JPG、JPEG、PNGといった複数形式の画像をインポートできます。

          補正したい写真を追加
  • 手順2:HitPaw Photo AIには色補正、カラー化モデル、デノイズモデル、ジェネラルデノイズモデルといった6つの完璧なAIモデルが備わっています。楽しくて驚くような画像にするためどのモデルも適用できます。

    カラー化モデルでは白黒画像をカラー化でき、ジェネラルモデルは現実のシーンを補正するのに使えます。デノイズモデルは低照度な画像やISO感度が高い画像に対応します。フェースモデルではぼやけた画像をはっきり見せます。暗い画像に光を与えたいときは色補正モードが選択できます。

  • 手順3:「プレビュー」ボタンをクリックし、仕上がりに満足なら、「エクスポート」ボタンをクリックして画像をダウンロードします。

パート3. Photoshopでのふちぼかしに関してよくある質問

Q1. Photoshopでふちをぼかすには?

A1. 画像のくっきりしたふちでお困りなら、Photoshopのフェザー機能でふちをぼかすことができます。パート1の情報を見てPhotoshopのフェザー使用方法を学び、画像のふちぼかしができます。
Photoshopでのふちぼかしに満足いかず別のソフトを使おうとしているなら、HitPaw Photo AIをチェックするのが一番でしょう。時間を無駄にせず素敵な画像に仕上げられます。

Q2. Photoshopのブラシでふちをぼかすには?

A2. Photoshopのブラシでは苦労せずにふちをぼかすことができます。ブラシツールをまず選択してキャンバスをクリックし「ブラシプリセット」パネルを開きます。ここで、「硬さ」のスライドでぼかしの量を調整します。0%を選択すると柔らかいブラシ、100%を選択すると硬いブラシが選べます。

まとめ

Photoshopに慣れていないけれどふちをぼかす方法を知りたいなら、この記事から学んでください。Photoshopの機能を使って周りを白くぼかす手順を紹介しました。

画像のくっきりした輪郭をぼかすための手順をじっくりみていけば完了します。Photoshopで画像の状態が改善しないなら、 HitPaw Photo AIが一番おすすめなソフトです。画像の問題を消して画像補正する魅力的な6つのAIモデルを備えています。

「評価」をお選びください:

編集長 松井祐介
コメントを書く

製品また記事に関するコメントを書きましょう。

おすすめ製品

HitPaw Edimakor

HitPaw Edimakor

無限の創造力をコンセプトから実現する、数々の賞を受賞した動画編集ソフト。

HitPaw Voice Changer

HitPaw Voice Changer

高品質で音声を簡単に変更できる

download
インストールはこちら