HitPaw Photo AI

  • WindowsとMacで利用可能な最高のAI画像高画質化ツール
  • ワンクリックで画質・解像度の自動補正が可能
  • 写真のボケを抑え、ノイズを除去する
  • 画質を全く落とさずに拡大・縮小する
hitpawのヘッダー

【完全ガイド】高ISOと低ISO、どちらが良い? ISO値の違いとは?

高いISO感度を使うべきか低いISO感度を使うべきかを決めるには長時間の分析と評価が必要です。ISOとは絞りやシャッタースピードと並ぶ「露出の三角形」のいち要素です。これらの要素のバランスが、あなたの撮影した写真の露出が適切かを決めるのです。

ですから、どのISOを選択して撮影するべきか悩まずに住むよう、この記事では高ISOと低ISOがどのように違うのか詳らかにしたいと思います。

さあ、見ていきましょう。

1. 低ISOと高ISOの秘密

高ISOと低ISOと比べることにはさまざまな意味がありえます。ISO値が高いほど、たとえばISO3200、1600、800以上の場合、フィルムないしカメラのセンサーがより光に対する感度が高いことを意味します。

一方、低ISOの場合、たとえばISO200、100、50といった場合は、センサーは光への感度が鈍いことを意味します。適切に露出を取った写真を手に入れるためには、暗い場所では高ISOを使うことができます。そうすれば、シャッタースピードはより早く出来、絞りもより狭くすることができます。

高ISOと低ISO

しかしながら、高ISOはフィルムカメラでの粒立ちやさまざまなデジタルカメラのノイズの原因になることがあり、そのためシャープさを失った低いが氏になってしまうことがあります。

明るい場所で使った場合、低ISOは光に大幅に露出させることを防ぎます。いい点は、より遅いシャッタースピードや広い絞りを使ったとしても写真の結果は同じようになるということです。

低ISOが最もノイズが少なくなるため、最終的に高品質の画像をつくりだす助けになります。絞りとシャッタースピードをそのままにしてISO感度だけを変えていくと、ISO感度を上げれば上げるほど写真は明るくなるでしょう。同じような効果が、レンズの絞りを開いたりシャッタースピードを遅くすることでも手に入れられます。

このガイドを読み進めるほど、低ISOか高ISOかの議論はよりエキサイティングになっていきますよ。

ですから、気を抜かずに読みすすめましょう!

2. 低ISOと高ISOの比較

高ISOと低ISOのさまざまな写真について語ってみれば、ISOを大きくした際にどれくらい明るさが増すか理解するたすけになるかもしれません。また、ISOを大きくすることによって生じるノイズの量についても知ることになるでしょう。

ISO 100と200

ISO 200と100はどちらも低ISO設定に属しますが、大幅に結果は違います。この違いはオリジナルサイズの写真を見れば一目瞭然です。ISO200では、ISO100から一歩進んだだけで明るさが楽しめるようになりますが、余分なノイズも気になるでしょう。

さらなる明るさは以下に示す写真で見ればわかるでしょう。

高ISO 200と低ISO 100

2倍の大きさに拡大すると、ISO200で撮影することで影の部分のディテイルがさらに増していることがわかるでしょう。しかしながら、そうするとわずかばかりノイズを引き起こしもします。木々の部分のノイズでわかるでしょう。

ISO 200と400

高ISOと低ISOを比較する議論のときにはいつでも、ISO200か400かに関する議論が無視できません。

ISO200は低ISOと考えられていますが、ISO400は高いものと低いもののあいだと考えてよいでしょう。もしISO400で写真を撮影すれば、ISO200よりもいっそう明るい写真が取れます。

これまでにお話したように、ISOを上げることは写真のなかのノイズも劇的に増加することをも意味します。

高ISO 400と低ISO 200

ISO 640からISO 16000、またそれ以上

ISO640まで達すると、高ISO写真となっていきます。もし照明の低い写真がお好みなら、ISO640はぴったりです。というのも、ノイズに悩まされることなく鮮明な影の細部も撮影する助けになるからです。

ISOを大きくした際の写真の比較は以下の画像に示してあります。

砂漠の部分のノイズが劇的に増加し、ISO16000ではすべてのディテイルを覆い隠してしまうことがわかるでしょう。

ISO640はISO16000や4000と比べると光に露出されないので、より遅いシャッタースピードが可能になり、高いISOでは止まって見える星の軌跡も捉えることができます。これはISOを増加させることの重要性を示し、低ISOか高ISOかの議論を完璧に締めくくるものです。

低ISOと高ISO

3. 高ISOの写真を簡単に素早く画質向上する方法

もし、この記事で高ISOと低ISOの写真を比較する議論を読んだあと、高いISOで写真を撮影し、それらの品質をより向上させたいのであれば、HitPaw Photo AIがうってつけです。

このソフトは特筆すべきAIベースの写真補正ソフトで、特別な努力がなくとも写真のノイズを除去して写真の品質を向上させることができます。HitPaw Photo AIは4つの突出したAIモデルを搭載しており、高ISOの写真を見るのも楽しい品質へと作り替えます。

低ISO写真を修正するにはhitpawを使う 低ISO写真を修正するにはhitpawを使う

このツールはAI搭載であり、PNG、JPEG、WebPなどのあらゆるファイル形式の画像を編集することができます。すべての編集操作をユーザー自身が行う他のツールとは異なり、HitPaw Photo AIはAIが自動的に写真の品質を向上させます。

低ISO写真を修正するにはhitpawを使う

4つのAIモデルとユーザーフレンドリーなインターフェイスにより、最高の編集体験をお届けすることを目指しています。

写真の画質を良くする方法に興味のある方はお見逃しなく‼

➬関連記事:素早く&簡単に画像のぼやけた文字を鮮明にする方法

➬関連記事:ぼやけたチェグの回答を無料ではっきり見えるようにする5つの有効な方法

  • ワンクリックで自動的に画質と解像度を上げる
  • ぼやけ軽減やノイズ除去を簡単に
  • WindowsとMacに使用可能
  • 画質を落とさず画像の拡大・縮小が可能
  • 直感的なユーザインターフェイス

4. 高ISOと低ISO、どちらが良い?

ここまで、この記事でISOの高い・低いに関する議論をしてきましたが、おわかりいただけたでしょうか? 高ISOと低ISO、どちらがいいのでしょうか?

ISOが低いということは、ノイズが少なくより画質の良い写真を撮影することができるということです。しかしながら、これらの写真は適切なシャッタースピードと絞りを選んで露出しなければなりません。

絞りを最大にし、シャッタースピードを最低にしても、もし写真が暗いのであれば、より高いISOを使わなければ良い結果が得られません。しかし高いISOは余分なノイズの原因となります。

もしはっきりとした細部を撮影したいのであれば、画像処理のくせを利用して高いISOで撮影しましょう。しかしながら、低いISOで撮影することは暗室での露出を高め、カメラのRAWにより多くのノイズがのります。

まとめ

高ISOと低ISOを比較する議論をこのブログで学べば、適切な選択肢を選べるようになります。

また、写真の品質を向上し、高ISO画像のノイズを簡単に低減させるHitPaw Photo AIをあわせて使うことをおすすめします。

「評価」をお選びください:

編集長 松井祐介
コメントを書く

製品また記事に関するコメントを書きましょう。

おすすめ製品

HitPaw Photo Object Remover

HitPaw Photo Object Remover

最も速く、最も魅力的な画像切り抜き

HiPaw Photo AI

HiPaw Photo AI

品質を損なわず画像の高画質化。

download
インストールはこちら