HitPaw Video Enhancer

  • ワンクリックでAI動画高画質
  • 低解像度動画の解決策、動画の解像度を最大8Kまで上げることが可能
  • 動画に最適なノイズリダクションを提供し、不鮮明さを解消する
  • アニメや人物の顔映像の完成度を高める専用設計のAIを搭載
hitpawのヘッダー

動画の画質を下げる方法とプロのアドバイス

全体が高精細で非常に明瞭でも、動画にとって良くないという場合があります。偶然であれわざと工夫したのであれ、低解像度が作品に深み、特色、個性を与える場合があります。

古いホームビデオのようなレトロな見た目にしたい場合でも単に視覚効果を付けたい場合でも、わざと動画の解像度を下げる方法を知れば役立つかもしれません。

以下のガイドでは動画の画質を下げる手順を詳しくみていく中で役立つアドバイスも紹介します。

パート1. 動画の画質に影響するものとは?

一番明らかに影響するのは動画品質の悪さで、解像度を360p、140p、それ以下に下げると劇的に画質が落ちます。

低画質の動画

同様に重要なのがビットレートです。「ビットレート」という用語は動画を毎秒符号化・復号化するのに使われるビット数を表します。多くの場合、ビットレートを増やすことで目に見えて画質が上がります。ビットレートが下がると動画の画質に影響する場合があります。

1秒間に何枚の画像が映るかというフレームレートも、関連します。フレームレートが急低下すると、オンラインゲームの遅延でおなじみのように、映像が途切れたり不安定化したりします。

コーデックも画質に影響します。コーデックは動画データを圧縮したり解凍したりするものです。コーデックがデータを圧縮しすぎてしまうと、細かい部分が崩れてブロックやバンディングのような見た目の悪い部分ができます。ではわざと動画の画質を下げる方法をみていきましょう。

パート2. わざと動画の画質を下げる方法は?

懐かしいあの頃へ

動画の解像度を下げる

VHSテープ、80年代のビデオカメラ、ビットが粗いゲームなどのレトロなメディアのぼんやりした雰囲気を出したいときもあるでしょう。わざと静止画やノイズを追加したり、解像度を下げたりすることで、懐かしく感じるレトロ感を出せます。「古き良きあの頃」のローファイな見た目を模倣するというわけです。

芸術表現

動画の画質を下げる

わざと画質を下げることでドット絵やグリッチアートのように美術的な工夫ができます。油絵が超明瞭で細かくはなく、筆のタッチが見えるのが芸術様式の一部になっているのと似ています。動画では、画質を下げることでいい感じにグランジ風、脱構築的な見た目を芸術表現の形として与えられます。

ファイルサイズ最適化

画質を下げるのはホスティング、ストリーミング、共有用にファイルサイズを縮小するのに役立ちます。読み込み速度、サイズが小さいファイル、帯域幅を狭めて使用するのを優先するのであれば、こうした目標実現のために画質をわざと下げる価値はあるでしょう。場合によってはマイナス面にも納得できるでしょう。

パート3. プロのヒント:低画質動画を直す方法は?

結局は動画補正ツールが必要になるため、動画の画質を下げる方法を探している人にも関係します。

過度な圧縮、ぼやけ、ピクセル化、破損といった要因で動画の見た目がよくない場合があります。あわてないでください、 HitPaw Video Enhancerなら対応できます。

画期的なAIを用い、この使えるソフトは退屈な古い動画に命を吹き込みます。既存のスマートなアルゴリズムで動画を簡単かつ素早く4Kあるいはさらに8K解像度に数クリックだけでアップスケールします。ぼやけた物体の詳細を見るために目が疲れてしまうことはなくなります。

HitPaw Video Enhancerの主な特徴は以下の通りです。
  • 最大8KまでのAI動画アップスケール
  • 破損した動画をスマートなAIで修復
  • 高度なノイズ低減や細部明瞭化
  • 自動で白黒動画をカラー化
  • シンプルなドラッグ&ドロップ操作
  • 複数のAI補正モデルから選べる
HitPaw Video Enhancerを使って低画質動画を直す方法は以下の通りです。
  • 手順1:HitPawの公式サイトにアクセスして最新版の動画編集ソフトを手に入れます。画面上の指示に従いWindows PCまたはMacにインストールします。

  • 手順2:「アップロード」ボタンをクリックするか単にHitPaw Video Enhancerの画面に動画をドラッグ&ドロップします。HitPawは一般的な動画ファイル形式に対応しています。

    高画質化したい動画をインポート
  • 手順3:それから、表示された選択肢から改善したい動画の種類に最も合うAIモデルを選択します。選択可能な項目は手ぶれ補正、フレーム補間、ジェネラルデノイズです。どのモデルを選ぶべきかわからないなら、詳細を読んで一番適したものを選びましょう。

    AIモデルを選択
  • 手順4:AIモデルを選択して動画に適用した仕上がりを見るには、「プレビュー」ボタンをクリックします。すべて問題なさそうなら、完成した動画をエクスポートします。

    高画質化した動画を保存

パート4. 動画の画質を下げる方法についてよくある質問

Q1. 低画質動画とは?

A1. 基本的に、低解像度だとすべてピクセル化し、粗く、ぼやけて見えます。画像を構成するピクセルが多いほど、鮮明ではっきりと見えます。低画質動画は詰め込まれているピクセルが大幅に少なく、2006年の古いYouTube動画を見ているようにあらゆるものが極度に圧縮されてぼんやりしたように見えます。

Q2. 動画の画質は本当に重要ですか?

A2. もちろんです!ピクセル化し、ぼやけた映像は素人っぽく見づらいものです。ある研究では動画の画質が高いと8割の人が動画を見続ける可能性があると示しています。しかし低すぎると、半数以上の人が興味を失い閉じてしまいます。つまりは視聴者の関心を得るのに画質は重要なのです。

Q3. 動画の画質を下げるという意味は?

A3. 基本的にはビットレート、フレームレート、解像度、その他動画の再現性を決める設定を下げることです。例えば、解像度を4Kから480pに落としたり、ビットレートを下げてファイルサイズを縮小したりすることです。つまりファイルは小さくなりますが、見た目はかなり悪化するというデメリットがあります。

まとめ

本記事では、動画の画質を下げる方法を学びました。特に視聴者に動画を見続けてもらい、コンテンツの価値を伝えたい場合、動画の画質はかなり重要です。わざと画質を下げると関心を持ってもらえなくなるかもしれません。

低解像度映像を復活させたいなら、HitPaw Video Enhancer でAIを使って動画の画質を元に戻せます。破損したファイルを修復して色、鮮明度、手ぶれ補正といった処理も行えます。今すぐHitPaw Video Enhancerをダウンロードして動画を最大限に生かし、さまざまなモデルで質を高めましょう。

「評価」をお選びください:

編集長 松井祐介
コメントを書く

製品また記事に関するコメントを書きましょう。

おすすめ製品

HitPaw Edimakor

HitPaw Edimakor

無限の創造力をコンセプトから実現する、数々の賞を受賞した動画編集ソフト。

HitPaw Object Remover

HitPaw Object Remover

AIパワーで動画から モノを削除

download
インストールはこちら