HitPaw Video Object Remover

  • 不要なもの、人、ごちゃごちゃを3秒で除去
  • AI認識で物体の動きを自動追尾・識別
  • 1-2-3ステップで簡単に動画の背景を削除
  • マジックセレクトブラシで除去範囲を正確に調整
hitpawのヘッダー

【最新】簡単にCapCutで動画をぼかす方法!

CapCutはパワフルながらユーザーフレンドリーな編集ツールとして人気を拡大し、需要にマッチしたアプリのひとつです。そのユーザーのあいだでしばしば聞かれるのが、「CapCutで動画にぼかしをかけるにはどうしたらいいか?」という疑問です。

ぼかしはたとえばこんなときに特に便利です。視聴者全員に見せるにはそぐわない内容が動画に含まれていたり、動画のなかの特定の人たちのプライバシーを保護したいときです。vloggerであれ、コンテンツクリエイターであれ、CapCut上で動画をぼかす方法を知ることは価値あるスキルです。この記事では、CapCutを使って動画をぼかすプロセスを案内し、そのなかでいくつか有益なコツをお教えします。

➬関連記事:ぼやけた写真を撮る方法、または画像を綺麗にする方法

➬関連記事:動画の背景を高画質でぼかす6つの方法

目次:

パート1 CapCutで背景をぼかす方法

美しい動画を撮影するには、被写体に焦点をあてることだけでは十分ではありません。その後ろの背景にも気を配る必要があるのです。背景をぼかすことで、動画をよりプロらしく、映画的に見せることができますし、CapCutはこうした効果を得るのに非常に素晴らしいツールです。このパートでは、CapCutで動画にぼかしをかける方法をお教えします。そうすれば、あなたの動画を他の動画から際立たせることができるでしょう。

  • ステップ1 CapCutをダウンロードし、起動する
  • CapCutを起動するには、ダブルクリックします。FacebookやGoogleのアカウントでサインインすることができます。

    ダウンロードしたCapcutで動画にぼかしをかける方法

  • ステップ2 ぼかしをかけたい動画をインポートする
  • 「新しいプロジェクト」をクリックして続けます。「インポート」ボタンをクリックして、CapCutでぼかしをかけたい動画を選択し、追加します。

    Capcutで動画にぼかしをかける方法 動画を追加

  • ステップ3 ぼかしエフェクトを選択する
  • 動画をタイムラインにドラッグして、作業を開始します。「動画エフェクト」のなかに様々なぼかしエフェクトがあり、また右のカラムでぼかしのレベルを調節することもできます。そうしたら、「エクスポート」をクリックします。

    Capcutで動画にぼかしをかける方法 ぼかしエフェクトを選択

  • ステップ4 タイムラインからエフェクトを取り除く
  • ぼかしをかけた動画をエクスポートしたら、CapCutのホーム画面に戻り、動画とエフェクトをタイムラインから削除します。

    Capcutで動画にぼかしをかける方法 タイムラインからエフェクトを取り除く

  • ステップ5 動画の背景を調節する
  • 前のステップでぼかしをかけてエクスポートし終わった動画をメディア欄に取り込み、タイムラインにドラッグします。そして、オリジナルの動画をタイムラインのぼかしをかけた動画の上にドラッグ・アンド・ドロップします。オリジナルの動画をクリックして、ホーム画面右側の「カットアウト」セクションをクリックし、「オートカットアウト」を選択します。

    Capcutで動画にぼかしをかける方法 動画の背景を調節する

  • ステップ6 最終結果をエクスポートする
  • 加工が終わったら、動画の背景が削除され、認識されたポートレート部分だけが保たれているのがわかるでしょう。

    Capcutで動画にぼかしをかける方法 加工した動画をエクスポートする

パート2 CapCutで動画の特定の部分をぼかす方法

動画の特定の部分をぼかしたい、ということもあるでしょう。これもCapCutを使えば簡単に行うことができます。動画にオーバーレイレイヤーを加えて、ぼかすのです。このテクニックを使って、CapCutで顔をぼかしたり、他の特定の領域をぼかすこともできます。これらの詳細なステップを知れば、CapCutで顔にぼかしを入れる方法を知る助けになること間違いないです。

  • ステップ1 ぼかしをかけたい動画をインポートする
  • 動画をアップロードして、タイムラインに配置します。

    CapCutで動画の一部分をぼかす方法 動画のインポート

  • ステップ2 エフェクトをクリックし、ぼかしエフェクトを選択する
  • お好みのぼかしエフェクトをタイムラインにドラッグし、「エクスポート」をクリックします。

    CapCutで動画の一部分をぼかす方法 ぼかしエフェクトを選択

  • ステップ3 変更した動画を再インポート
  • ぼかしエフェクトを削除して、先にエクスポートした加工済ファイルをオリジナルの動画の上に配置します。

    CapCutで動画の一部分をぼかす方法 変更

  • ステップ4 お好みのマスク形態を選択
  • ぼかしをかけたい対象のかたちにそったマスクのかたちを選択します。すると、フェザーとサイズと一緒にそのかたちの位置や大きさを変更することができます。

    CapCutで動画の一部分をぼかす方法 マスクの選択

パート3 スマホ用CapCutで動画の背景にぼかしをかける方法

CapCutで背景にぼかしをかける方法については、モバイル版アプリも同様に簡単に背景をぼかす助けになってくれます。やり方は、CapCutのPC版ソフトウェアとほとんど同じです。

  • ステップ1 CapCutをダウンロードし、「新しいプロジェクト」を選択、タイムラインにインポートする動画を選択します。
  • スマホ版Capcutで動画にぼかしをかける方法 インポート

  • ステップ2 「エフェクト」ボタンをクリックし、用途に合ったぼかしエフェクトを選択します。
  • スマホ版Capcutで動画にぼかしをかける方法 ぼかしエフェクトの選択

  • ステップ3 タイムラインに戻り、「オーバーレイ」ボタンをクリックします。そして、オリジナルの動画を選択し、オーバーレイレイヤーとして追加します。
  • モバイル版Capcutで動画にぼかしをかける方法 オーバーレイを選択

  • ステップ4 タイムライン上のオリジナルの動画を選択し、スワイプダウンして「カット」ボタンを選択します。
  • モバイル版Capcutで動画にぼかしをかける方法 カットを選択

  • ステップ5 「背景を削除」オプションを選択します。
  • モバイル版Capcutで動画にぼかしをかける方法 背景を削除

  • ステップ6 加工が完了するのを待って、「再生」ボタンを押します。すると、ぼかしをかけた動画をプレビューできるので、エクスポートします。
  • モバイル版Capcutで動画にぼかしをかける方法 エクスポート

パート4 プロのテクニック:CapCutで動画をぼかすよりも便利に背景を除去できるツールを紹介!

動画制作や、ぼかした背景についていえば、CapCutでは不十分な場合も存在します。そのような場合は、被写体除去ツールがポスト・プロダクションにおいて価値ある選択肢となるでしょう。

HitPaw Video Object Removerは、不要な要素を削除して、より磨き上げられた、プロらしい見た目の動画をつくることができます。ほんの数秒で簡単に背景の除去ができますし、グリーンスクリーンや透明の背景をつけた動画としてエクスポートすることもできます。

      機能
    • 背景をぼかすにとどまらない洗練された動画の背景をつくる
    • 使いやすく操作は直観的、ユーザーフレンドリーなツール
    • 2秒で不要な背景を除去
    • 動画のエフェクトプレビューは無料
    • 素早い動画のレンダリングとエクスポート

  • ステップ1 ダウンロードとインストール
  • HitPaw Video Object Removerをコンピューターにダウンロードします。

  • ステップ2 動画のインポート
  • 背景を削除したい動画をアップロードするには、「Select file」をクリックします。あるいは、編集ボックスに直接動画をドロップすることもできます。

    object remover 動画のインポート

  • ステップ3 背景塗りつぶしモードを選択
  • HitPaw Video Object Removerのなかで必要な「背景塗りつぶし(Background Fill)」モードを選択します。

    object remover 塗りつぶしモードの選択

  • ステップ4 背景塗りつぶしモードを選択
  • グリーンスクリーンの塗りつぶし(Green Screen Fill):エクスポートされた動画は、削除された部分がグリーンスクリーンで塗りつぶされます。

    object-remover グリーンスクリーンの塗りつぶし

    透明化機能(transparent function)を選択することもできます。この機能では、動画の背景が透明になります。

    object remover 透明の塗りつぶし

  • ステップ5 動画のプレビューとエクスポート
  • 削除の結果をプレビューし、オリジナルの背景が削除された動画をコンピューターにエクスポートします。

    object remover 動画をエクスポート

パート5 CapCutを使った動画のぼかしに関するFAQ

Q1. 垂直のぼかしはCapCutにありますか?

A1. まずはCapCutに動画を準備してインポートしなければなりません。そして、エフェクトに行きます。次に、どの動画エフェクトを使うか決めます。そこから詳細に移動します。垂直のぼかしを配置するには、このページの詳細を見てください。

Q2. CapCutのどこにぼかしエフェクトがありますか?

A2. もし違うバージョンのソフトを使っているなら、独立した「ぼかし」オプションのなかにさまざまなぼかしエフェクトがあるでしょう。もしより古いバージョンを使っている場合、「トレンド」のなかに様々なぼかしエフェクトがあり、その他のオプションも存在します。

Q3. 動画のぼかしを追加するには、どのようなフォーマットの動画を使用すれば良いですか?

A3. 一般的に、CapCutなどの動画編集ソフトウェアは多くの動画フォーマットをサポートしています。一般的な動画フォーマット(MP4、AVI、MOVなど)や、スマートフォンで撮影した動画ファイルなどが利用可能な形式です。

結論

結論として、この記事ではCapCutで動画にぼかしをかける方法について問題を解決してきました。そして、CapCutには動画をぼかす方法がさまざまあり、そのなかにはガウスぼかし、モザイク、ピクセル化といったエフェクトが含まれます。これらの詳細なステップによって、CapCutで動画をぼかすことは簡単になります。

CapCutに加えて、HitPaw Video Object Removerもパワフルなツールです。このツールを使って、自分が求める動画編集を行うことができるでしょう。簡単に不要な被写体や背景を動画から削除し、よりきれいでプロっぽい見た目をつくりだすことができます

「評価」をお選びください:

編集長 松井祐介
コメントを書く

製品また記事に関するコメントを書きましょう。

おすすめ製品

HitPaw Video enhancer

HitPaw Video Enhancer

鍛えられたAIが搭載されたワンクリックで動画を一括高画質化。

HiPaw Photo Enhancer

HiPaw Photo Enhancer

品質を損なわず画像の高画質化。

download
インストールはこちら