HitPaw Photo Object Remover

  • AI搭載で、不要なものを瞬時に削除
  • 3つのステップで画像から不要なものを消す
  • 画像から人消すこと、写真に影消すこと、写真レタッチも対応
  • 最も速く、最も魅力的な画像切り抜き
hitpawのヘッダー

[最新版] Excelで不要なオブジェクトを削除する2つの方法

Excelは、ビジネスや大学のファイルを適切に管理するための優れています。 データをさまざまなカテゴリに分類できるため、タスクを簡素化できます。

Excelワークシート上で管理しているときに、不要で迷惑なオブジェクトに気づく時があります。 Excelでの作業を不要なオブジェクトが妨げる場合は、見栄えを良くするには Excelの埋め込みオブジェクトを削除する必要があります。このエキサイティングなガイドを読んで、Excel シート内の不要なオブジェクトを削除する方法を学びましょう。

パート 1. Excelで不要なオブジェクトを削除する方法

1.選択ペインツールを使用して不要なオブジェクトを削除します

Microsoft Excel には、Excel シートのさまざまなパラメータを編集できる複数のテキスト・カスタマイズ・オプションがあります。選択ペイン・ツールで、Excel内のすべてのオブジェクトを削除できます。これはExcelに保存されているデータに影響を与えることなく、画像から迷惑なオブジェクトを切り離すExcel のツールです。

ここでは、選択ペイン・ツールを使用して Excelの埋め込みオブジェクトを削除する方法をステップ・バイ・ステップで解説いたします。

  • 1.まず Excel シートを起動し、その後「ホーム」タブにアクセスする必要があります。 「検索と選択」アイコンをクリックして先に進みます。

    Excel シートを起動
  • 2.こででは、「選択ペイン」オプションを選択するします。 次に、選択ペインに画像リストが表示されます。 Ctrl+A を押すと、すべての画像の名前が選択できます。

    選択ペイン」オプションを選択
  • 3.「削除」ボタンをクリックすると、Excel シートから迷惑なオブジェクトや不要なオブジェクトを取り除けます。

    エクセル オブジェクト 削除

2. Excel VBAコードを使用して不要なオブジェクトを削除する

Excelでオブジェクトを削除する方法を学ぶために選択ウィンドウ・ツールを使用する以外に、ExcelVBAコードを使用してExcelに埋め込まれたオブジェクトを削除することもできます。

このプロセスは初心者には、難しく使いにくいかもしれませんが、特にExcel に保存されているパラメーター・データをいじりたくない場合には、試してみる価値があります。 これを行うには、いくつかのガイドラインに従う必要があります。

Excelシート内の不要なオブジェクトを削除する方法については、以下の詳細なガイドをご覧ください。

  • 1.PCでExcel シートを起動し、開発者アイコンに移動します。 次に、「Visual Basic」を選択します。

    開発者アイコンに移動
  • 2.新しいウィンドウにアクセス後、「挿入」メニューから 「モジュール」アイコンを選択します。

    「モジュール」アイコンを選択
  • 3.空白のページで次のコードを使用します。

    Sub DeleteAllPictures()
    Dim Picture As Object
    For Each Picture In ActiveSheet.Pictures
    Picture.Delete
    Next Picture
    End Sub

    コードを使用
  • 4.次に、F5 ボタンを押し、Run Sub を押して続行します。

    Run Sub を押して続行
  • 5.「マクロ」ウィンドウに移動し、「実行」アイコンを選択します。

  • 6.これで、不要なオブジェクトが完全に切り離され、Excel シート上で不要なオブジェクトが表示されずに作業を進められます。

    エクセル オブジェクト 削除

パート 2.HitPaw Photo Object Removerは、画像内の不要なオブジェクトを削除するためのベストPCツール

ツールを使用した後、画像から不要なオブジェクトを削除しようとして、最終的に画像の解像度を調整しなければならないことがあります。 厄介な問題でありますが、不要なオブジェクトや背景を削除しながら画像の品質を調整できるツールもあります。

幸いなことに、HitPaw Photo Object Removerはまれな例外で、迷惑なオブジェクトを自動的に削除できるにもかかわらず、画像の品質を損なうことはありません。それに加えて、HitPaw Photo Object Removerは、AIを活用したテクノロジーのおかげで、画像内の不要なオブジェクトを自動的に識別します。 さらに、HitPaw Photo Object Removerで、編集済画像の認証情報も確認できます。画像をダウンロードする前に、いくつかの変更を加えてから画像をエクスポートできます。

特徴
  • HitPaw Photo Object Removerは、煩わしい不要なオブジェクトを画像からすばやく削除します。
  • 画像背景をすぐに解体できます。
  • 写真内のオブジェクトの動きを追跡できます。
  • 不要なオブジェクトを自動的に見つけることができます。
  • 影、邪魔なもの、人物などの不要なオブジェクトを取り除けます。
  • シンプルなユーザーインターフェイスで、初心者でも簡単に操作できます。
  • HitPaw Photo Object Removerは、画像の背景を驚くような色で変更できます。

以下に、画像内の不要なオブジェクトを削除するためのステップ・バイ・ステップのガイドラインを示します。

  • ステップ1: HitPaw Photo Object Removerの公式Webサイトにアクセスし、ソフトウェアをコンピュータにインストールします。 HitPaw Photo Object Remover をコンピュータにインストールした後、「オブジェクトの削除」アイコンを押して、不要なオブジェクトを削除したい写真をアップロードします。

    写真をアップロード
  • ステップ 2: プログラムの下部にあるブラシ選択ツールのボックスに注目してください。

    ブラシ選択ツールのボックス
  • ステップ 3: この段階では、画像から削除したいオブジェクトを枠で囲うかペイントをします。

    枠で囲うかペイントをします
  • ステップ 4: フレーム選択後、選択した領域のハイライトが開始されます。 これで、削除された領域をカスタマイズし、必要に応じて選択範囲を縮小または追加できます。

    ズーム選択が気に入らない場合は、「元に戻す」アイコンをクリックしてオブジェクトを再選択します。 次に、サイズ・バーをドラッグして、ブラシ・バーをカスタマイズできます。

    選択した領域のハイライトが開始
  • ステップ 5: 取り除きたいオブジェクトを削除後、「プレビュー」ボタンをクリックします。 写真を確認した後、「エクスポート」アイコンをクリックして写真をダウンロードします。

    「プレビュー」ボタンをクリック

結論

Excelシート作業中に問題が発生することは避けたいと考えます。残念ながら、不要なオブジェクトがExcelシートに取り込まれ、Excelシートでの作業を適切に実行できない時があります。幸いなことに、このガイドでは、Excel シート内の不要なオブジェクトを削除する方法を学ぶことができます。ここで紹介した Excel シート内のすべてのオブジェクトを削除する2つの方法は両方とも注目に値します。これらの方法を選択すれば問題は消えます。

さらに、画像から不要なオブジェクトを切り離す最良の方法として、 HitPaw Photo Object Remover を推奨しました。 HitPaw Photo Object Removerは、解像度をいじることなく画像から不要なオブジェクトを削除でき、オブジェクトの削除を自動的に行えます。

「評価」をお選びください:

編集長 松井祐介
コメントを書く

製品また記事に関するコメントを書きましょう。

おすすめ製品

HitPaw Edimakor

HitPaw Edimakor

無限の創造力をコンセプトから実現する、数々の賞を受賞した動画編集ソフト。

HiPaw Photo Enhancer

HiPaw Photo Enhancer

品質を損なわず画像の高画質化。

download
インストールはこちら