HitPaw FotorPea

  • WindowsとMacで利用可能な最高のAI画像高画質化ツール
  • ワンクリックで画質・解像度の自動補正が可能
  • 写真のボケを抑え、ノイズを除去する
  • 画質を全く落とさずに拡大・縮小する
hitpawのヘッダー

ピンボケ写真を簡単に直す方法

プロの写真家でも、記念日にちょっとした写真を撮る人であっても、写真のブレをなくすテクニックを学んでおけば役に立つ機会があるでしょう。このテクニックは最新のテクノロジーを使って簡単に実践できます。実際の撮影の技術に詳しくない場合にも、ピンボケ画像を直すテクニックは理解できます。

なぜなら、スマホやPCを使って写真を簡単に補正できます。

この記事では、簡単に実践できるテクニックをいくつか取り上げています。それらのテクニックを使って、画像編集の腕前を上げましょう。それでは、ピンボケ写真の原因とピンボケ写真を防ぐ方法を学んでいきましょう。

写真 ブレ 直す方法

パート 1. なぜ、写真がピンボケしてしまうのか?

写真をたくさん撮った際に、一部の写真がピンボケする場合があります。とはいえ、まずは、写真がピンボケする理屈を理解して、これからは写真がピンボケしないようにすることが大切でしょう。ありがちな原因を以下にまとめました。

  • 被写体の動くことでブレが生じる
  • 撮影方法に問題がある
  • カメラのレンズがひどく汚れている
  • フォーカスが定まっていない
  • 焦点深度に問題がある

パート 2. AI ツールを活用してピンボケ写真を素早く直す最適な方法

HitPaw FotorPea、ピンボケ写真に悩んでいる人にとって最適なツールの1つと言えるでしょう。UIが分かりやすく、写真の編集、ビデオの作成、加えて、普通の写真からアニメーション風の写真を作成できます

AI Photo Enhancerでは、写真の画質を簡単に向上させ、ピンボケ写真を直すことができます。高度なAIテクノロジーを使って写真のディテールを自動補正できるため、専門的な編集スキルは求められません。HitPaw FotorPeaの代表的な通常機能を以下にまとめました。

色を調整したり、画像からノイズを取り除いたり、その他にも、人物、動物、風景の写真を補正する複数のAIモデルを利用できます。 HitPawを使って写真のブレを直す

このツールはAI搭載であり、PNG、JPEG、WebPなどのあらゆるファイル形式の画像を編集することができます。すべての編集操作をユーザー自身が行う他のツールとは異なり、HitPaw FotorPeaはAIが自動的に写真の品質を向上させます。

HitPawを使って暗い写真のピンボケを直す

4つのAIモデルとユーザーフレンドリーなインターフェイスにより、最高の編集体験をお届けすることを目指しています。

写真の画質を良くする方法に興味のある方はお見逃しなく‼

➬関連記事:写真サイズを自由に変更できる写真リサイズアプリ10選

➬関連記事:おすすめの写真を明るくする最高のツール6選

  • ワンクリックで自動的に画質と解像度を上げる
  • ぼやけ軽減やノイズ除去を簡単に
  • WindowsとMacに使用可能
  • 画質を落とさず画像の拡大・縮小が可能
  • 直感的なユーザインターフェイス

パート 3. オンラインでピンボケ写真を直す方法

慌ただしい現代の生活では、オフライン環境のPCでピンボケ画像を直す時間を確保するのは難しいかもしれません。そのため、Fotorなどのオンライン写真補正アプリを活用することをお勧めします

写真編集のスキルが全くありませんか?安心してください。Fotorの画像補正ツールを活用すれば、たったワンクリックで非常に高品質な写真を作成できます。

まず、写真をアップロードします。次に、単に「1-Tap Enhance」ボタンをクリックすれば、Fotorが自動でライティングと色の問題点を素早く解消し、ディテールを改善し、ピンボケ写真を修正します。Fotorでストレスのない編集写真作業に取り組んでみましょう。

以下の手順に沿って、Fotorでピンボケ写真を直してみましょう。

  • ステップ 1.Fotorの公式サイトにアクセスし、「Get a Quick Start」オプションの下に表示されている「Photo Editor」をクリックしてください。「写真をアップロードする」をクリックすれば、エディターが開きます。

  • ステップ 2.画像をドラッグアンドドロップしてください。または、[画像を開く] ボタンをクリックして、PCやモバイル端末から画像をアップロードします。

  • ステップ 3.左側に表示されている「調整」タブをクリックしてください。

    Fotorを使って写真のブレを直す
  • ステップ 4.そしたら、基本調整を行っていきます。最初に、使用するツールはシャープネスです。スライダーを用途に応じて調整していきます。設定値を高くし過ぎると、画像がぼやけていきます。

  • ステップ 5.「基本調整」モードでは、コントラストスライダーの設定値を少し上げると良いでしょう。

  • ステップ 6.最後に、右上に表示されている「ダウンロード」をクリックします。画像のプロパティを編集して、写真の保存先を選択すれば完了です。

パート 4. iPhone/Android端末でピンボケ画像を修正する方法

iPhone/Android端末のスマホを使って、ピンボケ画像をより簡単に修正できます。わずか数回のタップだけで画像を修正できます。

iPhone/Android端末で利用できるSnapseedは、優秀な写真補正アプリです。Snapseedは、Google Playストア/Apple Storeで入手可能です。使いやすい画像エディタであり、多くの人が利用しています。

以下の手順に沿って、ピンボケ写真を直してみましょう。

  • ステップ 1.まず、Snapseedを起動します。プラス記号をタップして、ピンボケ写真を修正していきます。

  • ステップ 2.アプリ画面の下部から [ツール] メニューを選択してください。

    Snapseedでツールを選択
  • ステップ 3.変更メニューから「詳細」を選択してください。

    snapseedで詳細を選択
  • ステップ 4.画面の下部から「選択」ボタンをタップします。

    Snapseedで写真を調整する
  • ステップ 5.[シャープ] タブをクリックしてください。スライダーを調整しながら、画像を微調整していきましょう。

修正作業が完了したら、ボックスにチェックを入れてください。課金の必要ありませんし、特に機能の制限もありません。作成した写真をスマホに保存できます。

パート 5. ピンボケ写真などを修正して鮮明な写真にする方法

誰であっても、スマホで撮った写真で大切な思い出を残そうしたことがあるでしょう。しかし、思い出を振り返ろうとした時になってから、ようやく写真がピンボケしていることに気づくのです。以下の手順に沿って、スマホで写真がブレずに鮮明な写真を撮ってみましょう。

スマホを安定させてください

写真を撮る際、カメラがブレることによって、写真がピンボケしてしまうことがよくあります。

この現象は、写真を撮る際に、撮影者が動くことで、被写体がぼやけてしまうことが原因となって発生します。たいていの場合、スマホのカメラがブレすぎてしまっているのです。呼吸を少し止めて、肘を体の横に固定し、両手で携帯電話を持つことで、撮影者の動きによるブレは改善できます。

電話の安定性を保つ スマホを何かに立てかける

スマホを安定した物体に立てかけることで、写真やビデオを撮る際にカメラが揺れないようにできます。撮影環境にもよりますが、例えば、床、壁、テーブルなどを利用しましょう。他にも、三脚を利用するのもいいでしょう。現代では、スマホ向けに様々な製品が販売されています。

シャッターボタンを優しくタップする

カメラを両手で安定させたり、三脚を活用したとしても、シャッターをタップする際に、カメラが揺れてしまう場合があります。たいていのケースでは、小さな動きは問題にはなりません。しかし、ぼやけを防ぐために、優しくタップすることを心掛けましょう。

撮影が完了するまでは動かない

写真を撮影する直前、撮影中、撮影直後は、撮影が完全に完了するまで、必ず動かないようにしましょう。

デジタルズームを使用しない

デジタルズームを使用することで、画質が粗くなり不鮮明になります。被写体を強調したいなら、ズームを使用せずに撮影しましょう。後で、アプリを使ってトリミングすればいいのです。手ぶれが原因で写真がピンボケしているなら、ズームによってさらに写真がピンボケしてしまいます。

パート 6. カメラの設定を調整してピンボケ写真を直す方法

カメラの設定を調整して綺麗な写真を撮っておけば、とても快適に編集作業ができます。以下の手順に沿って、カメラの設定を調整し写真のピンボケを防ぎましょう。

  • ステップ 1.「現像」モジュールから詳細パネルを調整し、焦点エリアのボケを取り除いてください。レンズの倍率を上げて、写真が鮮明になっているかチェックしてください。

  • ステップ 2.シャープネスの値を調整しつつ、撮影予定の写真に応じてシャープの設定を変更してください。

  • ステップ 3.クローズアップしたポートレート写真よりも、風景写真の方がシャープネスの使用に適しています。「光量」スライダーを調整しながら、写真の構図に合うようにシャープネスの設定を行ってください。

  • ステップ 4.半径と詳細スライダーを調整すれば、写真からピンボケしたディテールを取り除く際に、ピンボケしたディテールのエリアを調整できます。

  • ステップ 5.風景写真には小さい半径スライダーを利用し、一方で、ポートレートやクローズアップ写真には大きい半径スライダーを利用するのが最適です。写真を鮮明にした後、詳細スライダーを調整してエッジの調整も行いましょう。

パート 7. 終わりに。

私達は、様々なツールやソフトをいつでも利用できます。そのため、ピンボケ写真が撮れてしまうことに悩む必要はないのです。

HitPaw FotorPeaでの作業工程は 明確で短いです。ツールの設定をわざわざ調整したり、様々な方法を試さずに済みます。プログラムは常に最高のパフォーマンスを発揮してくれると断言できます。そのため、HitPaw FotorPeaを利用して、ピンボケ写真をを直すのが最適なソリューションだと言えるでしょう。

「評価」をお選びください:

編集長 松井祐介
コメントを書く

製品また記事に関するコメントを書きましょう。

おすすめ製品

HitPaw Video enhancer

HitPaw Video Enhancer

鍛えられたAIが搭載されたワンクリックで動画を一括高画質化。

HiPaw Photo AI

HiPaw Photo AI

品質を損なわず画像の高画質化。

download
インストールはこちら